県指定史跡 久米廃寺(くめはいじ)跡

haiji1.jpg
県指定史跡 久米廃寺 津山市宮尾(2012年7月3日・25日取材)
 この地には「唐臼」呼ばれる古代寺院の塔の心礎があり、小字名も「唐臼」と称されていました。
 この寺院跡は、この地方が古代の美作国久米郡久米郷に属していたことなどから、久米廃寺と呼ばれていましたが、中国縦貫自動車道(当時)建設工事に伴って実施された発掘調査(昭和44~46年)により、説明板にある復元想像図のような寺院のあったことが明らかになりました。このため日本道路公団と協議して高架橋に設計変更して遺跡が保存されました。
 この久米廃寺は、今から約1,300年前(白鳳時代)に創建された寺院ですが、火災にあい、平安時代の前半には廃寺となってしまったようです。最盛期の寺域は東西130メートル、南北110メートルの規模で主要な建物である金堂・塔・講堂が、回廊または築地塀の中に東西に並列して立てられ、東側の一段低い谷の部分に雑房(寺院関係者の生活場所)がありました。この場所に接して東方に「宮尾遺跡」があり、掘立柱建物など22棟が発掘されました。これは白鳳時代から奈良時代に存在した「久米郡衙(くめぐんが)」の跡と考えられています。
 当時の郡衙の役人(郡司)には地方豪族が任命されることが多く、彼らは権威の象徴として、寺院を造営し、民衆に誇示しました。久米廃寺の建立にも、こうした背景がうかがわれ、初期仏教文化の地方における受容の姿を知るうえで、この久米廃寺は貴重な遺跡といえます。昭和52年04月08日県指定史跡
主な出土品/仏像(塑像仏・塼仏)・青銅製相輪、蓮華文軒丸瓦その他多数
平成2年3月岡山県教育委員会(文:案内板ほか)

haiji6.jpghaiji9.jpg
史跡の南側を走る市道
haiji5.jpghaiji6.jpg
中国自動車道の北側に金堂跡があります。
haijiato.jpghaijiato1.jpg
中国自動車道北側の道から望む           発掘当時の状況が部分的に残っています。
haiji12.jpghaiji11.jpg
案内板
hajiji2.jpghaiji20.jpg
久米廃寺跡と宮尾遺跡の説明版と五重塔のモニュメント。
東隣にある宮尾遺跡からは同年代の掘立柱建物群と柵列が発見され、これらは久米郡衙跡と推定されている(文:岡山の文化財より)
haiji2.jpggandamu.jpg
                                隣はみなさんお馴染みの道の駅「くめの里」