岩間山 本山寺(美咲町)法然上人ゆかりの地

本山寺54.jpg

天台宗 岩間山本山寺(いわまさんほんざんじ)

大宝元年(701)頼観上人の創建で、本尊は観世音菩薩である。当初は南方の山頂に在ったが、天永元年(1110)現在地に移り、大いに発展して百廿十坊と言われた。

古来、山岳仏教の道場として、又、庶民信仰の霊地として栄えた。長承元年(1132)稲岡ノ庄(誕生寺)の漆間時国公夫妻が参詣、祈願して生まれたのが、後の浄土宗の宗祖と仰がれる法然上人(源空)である。降って江戸時代になると、津山藩の祈願所として、尊ばれ、又、森候の時代には、美作の天台宗の触れ頭であった。山内寺院のうち、遍照院・仏性院・梅元院の三院が院内頭であったが、今では皆、合併して本坊一ヶ寺となった。現在の境内地は四千二百坪、十余棟の堂塔伽藍は、昔に変らぬ面影を伝えている。

国指定文化財、本堂(1350)、三重塔(1652)、宝筐印塔(1335)

県指定文化財、常行堂(1519)、御霊屋(1652)、仁王門(1686)、長屋(1845)、宝筐印塔(1399)、鬼面(1362)、六角型舎利塔(1344)、絹本著色両界曼荼羅図二幅(鎌倉末期)

美咲町教育委員会 (案内板より)

本山寺2.jpg本山寺4.jpg

本山寺に到着すると、すぐ見えるのは仁王門(江戸時代1686年)(県指定文化財)です。(殿様が馬に乗って登られるので広い階段になっているそうで、馬階段ともいうそうです。)

本山寺6.jpg本山寺7.jpg

仁王様

本山寺8.jpg本山寺5.jpg本山寺3.jpg

山額と沢山のお地蔵様と阿弥陀堂

本山寺9.jpg本山寺15.jpg

長屋門(県指定文化財)

h27.jpgh28.jpg

長屋門(県指定文化財)

kanban.jpg本山寺14.jpg本山寺12.jpg本山寺16.jpg

本山寺の長屋門附近                表門

h23.jpgnaka10.jpg

地蔵堂                         庫裏    

本山寺20.jpg本山寺22.jpg

庫裏と境内

何.jpg本山寺17.jpg本山寺18.jpg本山寺24.jpg

境内の紅葉がすごくきれいです。

本山寺25.jpg本山寺29.jpg

御霊屋(おたまや)の前庭の池

本山寺26.jpg本山寺27.jpg本山寺28.jpg

御霊屋(おたまや)の前庭

本山寺30.jpg本山寺33.jpg

御霊屋(おたまや)(江戸時代1652年)(県指定文化財)

本山寺31.jpg本山寺32.jpg本山寺34.jpg本山寺35.jpg

御霊屋(おたまや)(県指定文化財)

本山寺36.jpg本山寺37.jpg

徳川三代、四代のお位牌が祀ってあります。

本山寺38.jpg本山寺39.jpg本山寺40.jpg

御霊屋(おたまや)(県指定文化財)

本山寺43.jpg本山寺41.jpg

▲聖天堂(聖天堂の前にある木は、法然上人の父親が参る時についた杖を逆さに挿したら、芽が出て桜の花が咲いた事から「逆木櫻」といわれています。

本山寺46.jpg本山寺49.jpg

▲山王堂

本山寺47.jpg本山寺50.jpg

本堂(御本尊は十一面観音菩薩:南北朝時代1350年)(国指定文化財)

本山寺55.jpg本山寺56.jpg

本堂(国指定文化財)

本山寺58.jpg本山寺59.jpg

鐘楼(県指定文化財)

本山寺60.jpg本山寺65.jpg

常行堂(じょうぎょうどう)(室町時代1519年)(県指定文化財)

本山寺61.jpg本山寺62.jpg本山寺67.jpg本山寺68.jpg

常行堂(じょうぎょうどう)(県指定文化財)

本山寺71.jpg本山寺76.jpg

三重塔(江戸時代1652年)(国指定文化財)

本山寺77.jpg本山寺78.jpg

四方の扉の紋様が異なっています。

本山寺74.jpg本山寺75.jpg

ここをお守りしているのはさるだそうです。

本山寺82.jpg本山寺81.jpg

このお地蔵様は子供を連れて参れば頭がよくなり、大人はボケないそうです。ここの「宝篋印塔」は国指定文化財です。

本山寺79.jpg本山寺80.jpg

▲観音様

本山寺84.jpg芍薬.jpg

本山寺の境内中に芍薬の木がいっぱい植えられています。


歴史と現状
 当山は今から1,300年の昔、役の行者・小角が修行した跡といわれ、大宝元年(701)佐伯有頼がこの山で狩りをして奇瑞を感じ、出家して頼観と号し、寺を建てて新山寺と名づけた。今、金毘羅神をまつる東南の山頂である。それから五十余年後、唐の高僧・鑑真が来て、名を本山寺と改め、大いに伽藍を興したという。
 平安時代も盛りをすぎたころ、戦乱のため荒廃したが、そのころこの山へ狩りをした、久米師眞が霊瑞を見て出家し、名を眞道と改めて、専ら本尊に仕えていた。同じころに弓削師古が材木を求めて、この山に霊木を発見し、出家して古道といい、仏師にたのんでこの霊木で十一面観音像を刻ませた。以後、眞道と古道の両師が協力して復興に努め、天永元年(1100)現在地に移転、本堂・講堂・三重塔・多宝塔・鐘楼・鎮守社・仁王門、等々を建てた。
 これから寺は大いに栄えて、百二十坊と称せられた。長承元年(1132)稲岡ノ庄(久米南町・誕生時)の漆間時国夫妻が、参籠して嗣子を授け給えと折り、願いがかなって生まれた勢至丸が、後に出家して比叡山で仏教の奥義を究め、浄土宗の開祖・円光大師法然上人(源空)となったのは、有名な伝説である。
 観応元年(1350)現・本堂が建てられた。柱で五間四面(実測・七間半)、当時の流行の和様・唐様折衷様式で、県下に稀にみる古建築である。
 永正16年(1519)今の常行堂が建てられたが、永禄5年(1562)には山陰の尼子晴久の軍が来襲して、本堂などに相当の被害があり、仁王門は破壊されたが、篤信の人々によりまもなく修復・復興されたのは幸いであった。
 江戸時代の初め慶長9年(1604)、森忠政が津山で城を築くとき、当時住職常俊は地鎮の祈祷を修し、忠政と親しく交わった。
 次に盛俊が継ぎ、その次には東叡山寛永寺から賢海を迎えた。森候の帰依はますます厚く、承応元年(1652)三重塔が再建され、三代将軍(後には四代将軍も)を祀る御霊屋も造られて、寺領百十一石の他に、供料二百石(後には四百石)を寄せ、古来の境内地(凡そ二百町歩)も、そのまま認められた。津山藩主は毎年一回、このおたまやへ参詣される習わしであった。
 貞享3年(1686)山之上村(柵原町高城)の石戸氏一門の奇進により、現在の仁王門が建てられ、仁王尊が奉安された(永禄7年再建の南の仁王門は、その後焼失)。
 森家時代には、美作の天台宗寺院の触れ頭であった。
 ところが元禄の10年(1697)、森家は断絶し、所領は幕府に没収されたので、寺禄を失って困窮した寺は、住職寛海が江戸へ出向き、寛永寺を通じて嘆願し、幕府から年七十石を給せられることになり、まもなく松平藩になってからも、これが続けられたが、経済上の大打撃であり、三重塔の棟札には四十八坊の名を列ねるのに、その後しだいに減少して、幕末には本坊以外、院内頭の遍照院・仏性院・梅元院だけになった。享保18年(1733)鎮守社たる山王権現堂を、今の様式に改築。天明2年(1782)山之上村の可児幸右衛門翁の一建立で、現在の鐘楼が再建された。天保12年(1841)に本坊の庫裡と客殿、長屋を焼失し、弘化2年(1845)に再建した。
 元治元年(1864)に現存の地蔵堂を建てた。明治維新で寺禄を失ったため、仏性院・梅元院を廃絶し、本坊と遍照院のみとなった。
 しかも明治9年には「上地」と称して、境内地(主に山林)のうち百二十六町歩余りを没収され、経営はいよいよ困難になった。大正12年(1923)、本堂が特別保護建造物(現・重要文化財)に指定され、昭和6・7年解体修理が行われて面目を一新。昭和18年に遍照院を合併し、一山一ヶ寺となった。
 戦後の農地改革で田畑宅地・六町三反を失ったが、復興の努力を重ね、昭和30年から植林を始めて、既に二十数町歩に桧を植栽した。38・9年度には県下の寺院では初めて防災施設を備え、参道もおいおい改良されてきた。三重塔を始め主要な建造物は、戦後、国・県の重要文化財に指定さて、次第に世間の注目を浴びつつあるが、なお修理を要するものも少なくない。
 以上が当・本山寺の長い歴史の極く概略である。先記のとおり幾度か栄枯盛衰の波に洗われたが、幸いにして、千余年前と伝える本尊々像を始め、660余年前の本堂など、由緒深い七堂伽藍を今に伝えて、岡山県きっての古建築集団、文化財の宝庫と称せられるのは、本尊御偉徳のもと、歴代の住侶たちと幾多の檀信徒各位の篤信協力の賜物であり、これを範としていよいよ法灯を輝かし、末長くこの霊場を護持活用せねばならないと、念願して止まないしだいである。

2012年11月12日取材(資料提供:岩間山本山寺 美咲町定宗403 TEL0868-62-1050)