八頭(やかみ)神社の秋祭り

yakami8.jpg

八頭(やかみ)神社の秋祭りが2017年10月1日(日)にありました。この秋祭りは津山市の中で一番早い秋祭りだそうです。ちなみに夏祭りも一番早いそうですよ。ここを皮切りに津山の秋祭りが始まります。八頭様はアルネ津山の西側に鎮座されておられます。
 八頭神社は新職人町・桶屋町・新魚町・吹屋町の四町内でお祀りしているそうです。お祭りは毎年焼き鳥をしたり賑やかに執り行われています。今年は、「城西まるごと博物館フェア」、「サンビオ・マルシェ」、「健康フェア」があり、津山の街中は賑やかな日となりました。

yakami3.jpgyakami1.jpg

明和7年(1770)神職熱田石見が勧請し、文化15年(1818)山城国の稲荷本社より正一位稲荷の神階を受け、其の後八頭神社と号するに至った。昭和21年(1946)宗教法人令による神社となり、昭和25年(1950)宗教法人法により宗教法人として登記した。 
宮司:福田景門、神輿は明治16年(1883)大阪の鎌田市右衛門によって謹製されたものである。
神徳:倉稲魂命は豊受大神宮の荒御魂で五穀豊穣、商売繁昌の守り神であり 火産霊神は火の神で火難防除の神徳がある。(夏祭りの様子

yakami6.jpgyakami5.jpg

八頭神社の秋祭りの様子


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。