ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

千代稲荷

▲大きな赤いちょうちんが目印の千代稲荷神社(せんだいいなりじんじゃ)の本殿は津山市指定重要文化財(建造物平成15年2月17日)です。(2009.5.2)

▲倉

▲指定文化財柱


 社伝によると、承平(じょうへい)4年(934)の創建と伝えられています。

「美作国津山誌」によると、もとは鶴山八幡宮の摂社として鶴山の中腹に立地していましたが、慶長9年(1604)森忠政の津山城築城に際して、八出村に移され、同13年(1608)再度、山北村に移転しました。その後、寛永11年(1634)に森家2代藩主長継が城北に、さらに天和(てんな)3年(1683)に3代藩主長武が現在地上棟したことが判明しています。

 建物の形式は、いわゆる「隅木入春日造」と言われるものです。(津山市の文化財より)

▲本殿前

▲絵馬


千代稲荷神社

津山市山下82番地

▲太鼓橋

▲鳥居より

▲本殿を裏から望む

▲拝殿の唐破風

般若の顔が描かれていますが、魔よけのためでしょうか?

▲社務所

▲千代稲荷神社由来記

▲拝殿と本殿

▲末社神社

▲末社神社

▲末社神社

▲末社神社(奥の院)

▲拝殿

千代稲荷神社由来記

承平四年九月十九日(人皇六十一代朱雀天皇の御代)是の日、天気清朗で、お山は錦に輝き、山頂にある八幡様の大杉は天を摩し、神樹として辺りに威を放って居りました。
  里人は、手に手に御酒を携え、境内に集まり、種々のお供を奉げ、豊穣をお祈りし、酒を酌み交わして居りました。丁度その時、一羽の鶴が、矢のように穹天より舞い降りて、大杉の天辺に止まりました。里人は手を拍って大いに喜び、この鶴をよく見ますと、嘴に一把の稲を啣えて居りました。やがて瑞鳥は、人々の頭上を、大きな輪を画いて舞い遊び、其の稲を神前に落すと、東へ指して翔け去りました。里人は、之を祥慶を招くものと深く珍重し、この籾を翌年、神田に植えたところ、畦が隠れる程の収穫がありました。里人は大へん悦んで、大杉に五穀の神が降臨されたものとして、壇を築いて鶴の千歳を冠し、千代稲荷神社とあがめ、五穀の神、倉稲魂(ウガノミタマ)之命を御祭神としてお祀り致しました。そして此の大杉のある山を鶴山と呼び、毎年神田で穫れた新米を御供えするのが習わしとなりました。
  森忠政が築城の折、一時城南の覗山に遷し、後に山北の八子に移されましたが、寛永十一年森長継公の時、「鶴山に遷れば永世城の鎮護とならん」との夢の神告により、神祠を城郭の北隅の石垣の下(現在の地より五丁程上の処)に遷し奉り、神殿を新たに造営して上下一同篤く信奉致しました、
  殊に森公により、城の守護神として、現在の地に祭祀されてより、歴代の城主・庶民の篤き信仰をうけて来ました。
  津山の発展のために御降臨下さった千代稲荷神社、城の守護神である千代稲荷神社は、津山市発展の為の生産の神であり、市民の守り神であって、単なる稲荷信仰とは違うのであります。今日、城山の重要性が強く認識され、之が開発は、津山市発展の根元と云われて居りますが、城山の開発、市の発展は、先ず守護神である千代稲荷神社を尊崇するところであります。


千代稲荷神社奉賛会