ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

城東むかし祭り

 (写真は2006.11.5取材のもの) 城東町なみ保存地区ご案内
▲この壁看板はとても貴重なものです。一度探してみてください。

▲あでやかです。

津山らーめん、桃太郎地鶏の山賊焼、桜さば寿司、げた、津山銘菓、新高梨、ぶどう、メロンパン、袋小物、たこ焼き、さをり織り小物、とうふ、などなど

※その他にも色々あります。

▲お殿様姿

▲格子戸から

▲うき草のギャラリー

▲桶水もあります。

▲みこし

▲みこし(2007)


2008は時代行列・消防音楽隊・ギャルみこし・子供こてき隊・藤間流踊り等々の大パレードが練り歩きます。

▲沖縄県人会の踊りで美作大学の学生さん達が大活躍でした。

▲消防音楽隊

▲おどり(2007)

▲城東屋敷

▲いろんなお店も出店して賑やか。

▲あつあつが食べれます。

▲掘り出し物もありました。

▲旅姿

▲テントで一休み

13町内会より出店のうまいもん屋台が、むかし町を埋めつくします。

▲香葉さんの茶店

▲何を作っているのかな?

▲うきくさギャラリー

▲かわいい(2007)


2008.11.2はちびっ子がボランティアガイド(10時〜12時)をしてくれます。
城東に住んでいる子どもたちが、お年寄りの荷物を持ったり、史跡を案内したりします。はっぴを着ているので気軽に声をおかけください。

▲裏通りの景色も素敵でした。

城東地区について

 津山は「城下町」と呼ばれます。ただ単に城下町なら全国津々浦々数え切れないほどありますが、津山の場合は少し変わった城下町なのです。
  まずお城山の石垣をごらん下さい。この石垣は色々な文章に日本屈指とお褒めいただいておりますが、見事な石組みが残っております。そして次に「城東むかし町」ですが、なぜ今「むかし町」なのかといえば、大きな理由があります。
  都市文化の発展は歴史的遺産を破壊する"負"の部分も伴います。不幸にして、いやこれは「幸いにして」と言ったほうがいいのかもしれませんが、ひとり城東地区は開発から取り残されてしまいました。そして、城東地区は400年前の城下町創造の「都市計画」をそのまま現代に伝える不思議な都市空間として存在しています。
  森忠政は城下町を創るにあたって、まず武家屋敷を配置し、次に町人地を定め、他に寺社地を設けました。城東地区はそのままの縮図といえます。
  城東地区を東西に走る上之町通りを武家地と寺社地に振り分け、出雲街道にいたっては表通りを商人町に、脇町・裏町を職人町と定めました。縄張りの境界は通路を持って定めました。城東地区を南北に走る13の小路は往時の構えそのままです。今に残る生活道の要です。


城東あらかると
 
  城東地区の街道に面する主屋の建築年代は江戸時代の物68戸、明治時代56戸、大正時代24戸が認められると、平成元年の調査で報告されています。
  街道に立って家並みを眺めると、総じて軒が低いことに気付かれると思います。
  城東地区の町家の特徴は軒の低い平入二階建(つし二階)と壁の部分にあります。大屋根は桟瓦、下屋(庇)は本瓦葺(神社仏閣に見られる)です。ハイライトの二階の壁の部分は、白壁の「漆喰壁」、漆喰を盛り上げた「なまこ壁」、そして防火と各戸の区切りを示す「袖壁」等々。窓に関しては「虫籠窓」や「あらし窓」。また窓を覆う「出格子」、「平格子」といった数々の特徴があります。 1軒1軒じっくりお味わいください。