ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

08県民文化祭の様子

第6回 おかやま県民文化祭

2008.11.8・9

▲2008年11月8日・9日、アルネ津山・ソシオ一番街で第6回おかやま県民文化祭があり、多彩な催し物が執り行われました。当日はとても美味しいお茶のサービスもありましたよ。

▲商店街の天井にはハンカチアートがびっしり!

▲県民文化祭

11月8日、9日に会場に1つの作品として合同展示。
「レンズで観る古今・津山のまち」の写真展示(江見写真場提供)と共に展示。まちへの想いを「私の1枚」として応募いただき、まちの映像を透して津山の「時」を感じ、焼付けられた映像記録からそれぞれの物語を辿りながら、まちの文化を語り継ぎたい。
津山まちづくり本舗


旗織物にみる津山藩士の美意識

遠い戦国の世。

侍たちが背中に挿し、各家々の誇りと名誉を賭けて、戦野を駆けめぐったであろう旗指物。その、津山藩松平家家臣の旗指物の原画ともいえるものが、100点ばかり現存しております。

江戸時代のこの美しいデザイン画の1枚1枚から、当時の武士の、また、染師の心意気と美意識がそのままに伝わり、誠に深い感動を覚えます。

第6回おかやま県民文化祭に際し、再びひろく市民のみなさまにお披露目する次第です。H20.11.8

   津山雛物語

      代表 黒田稔子

▲ハンカチアート

▲津山藩士の旗指物会場

▲津山藩士の旗指物はとても美しくて、しばらく見入りました。

▲西東三鬼の世界

▲「西東三鬼の世界」会場

▲TUMUGU SOMERU ORU

▲糸紡ぎ体験や織物体験もありました。

▲レンズで観る古今津山のまち会場

▲昔の今津屋橋(江見写真場提供)

▲素敵な花のコーディネート

▲レンズで観る・・応募作品展示1

▲レンズで観る・・応募作品展示2

▲元気の良い太鼓に拍手!

▲棟方志功展示会場

頑張りました!美作学園

2008.11.9取材

▲美作大学生によるエイサー

▲美作学園の法被

▲イベントに備え清掃−美作大学生 12の空き店舗 2008/11/5(水)
 地域を考える集団「MIMA商店街」を立ち上げた美作大学(津山市北園町)の学生約60人が、県民文化祭総合フェスティバルに合わせて8、9の両日に開く、津山市中心市街地の活性化を目的にしたイベントに備え「ごんご通り(今津屋橋商店街通り)」の空き店舗12カ所の清掃を行った。
=商店街の空き店舗や通りの掃除に励む美作大生=

津山朝日新聞記事より

▲京町の角にて

▲声かけ頑張っておられました。

▲小物が可愛いお店でした。

▲写真展

▲沖縄名物店

▲服などのフリーマーケット?

▲もうすぐお好み焼きが焼けます。

▲似顔絵ショップ