ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

今も残る神輿行列の役 津山瓦版


【由来】
神輿の巡幸中、行列の前後左右派手に練り回る"獅子"ですが、元々は神輿の"露払い"としての役割があり、各"御旅所"ではどこからともなく現れてその役割を果たします。

【注意】
見る物を楽しませる"獅子"ですが、たまに盛り上がりすぎて、接触等のトラブルがあるようですので、ご観覧の際は多少のご注意を。ちなみに、昨年もトラブルがあったそうです。もしも被害に遭われた方、大変不運だとは思いますが、"おまつり"ということで、広いお心遣いをよろしくお願いします。

【裏話】
宮司さんの話によれば、ほぼ毎年のように"獅子"本体が巡幸中に破損(道路などに接触して鼻や耳が欠ける)するそうです。以前は神社の方で修理されていたそうですが、頻繁に壊れてしまうのと、修理代が馬鹿にならない金額のため、最近では、"獅子"担当の町内負担で修理をおこなっているそうです。ちなみに以前、"赤""黒"セットで修理を行ったときで80万円かかったそうです。確かに馬鹿になりませんね。

元々、"巫女舞"は神輿行列の中には含まれていなかったもの。津山市制執行70周年を記念して、津山市の方から徳守神社へ「記念イベント」依頼があり、その時宮司さんが発案し、その年の秋まつりで行われたのが始まり。以来毎年秋まつりで行われるイベントとなったそうです。
メンバー構成は小学校6年生の女の子。構成理由は「女の子の方が(男衆に比べて)華があるから」
徳守神社、各御旅所(山下・田町を除く)での『舞』をご覧下さい。

昔は特定の家の方が代々なっておられたそうですが、時代は変わり、現在は女の子のみで構成(巫女舞同様、やはり華があるから)。代々"鼻高"をやっておられた家の中には、今でも当時(昔)の衣装を持っておられる家もあるそうです。ちなみに現在の衣装は最近作ったもの。"鼻高のお面"も昔のように顔にかぶるのではなく、後ろ向きに首からかける。これも現代流です。