ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

【岡山県北観光ガイド】パン太と行く津山3大公園 津山瓦版

| 岡山県北観光ガイドトップ |
 
鶴山公園
春には5千本の桜が咲き乱れ、西日本随一の桜の名所として多くの人が花見に訪れる鶴山公園(津山城跡)。とくにぼんぼりに浮かぶ夜桜の美しさは幻想的です。また、新緑の頃の藤、ツツジ、秋の紅葉、雪景色など、四季を通じて訪れる人の目を楽しませてくれます。天守閣などの建物は明治7年に取り壊されましたが、本丸、二の丸、三の丸の石積みは、高さが45mもあり昔日の面影を今に伝えています。
津山城築城400年を記念して復元された「備中やぐら」が平成17年3月18日に公開となり、新しい名所となっています。
●パン太の見どころPOINT
★桜の見どころ
石垣の上から見下ろす桜はまさに絶景じゃ!心臓やぶりの石垣の階段を最後まで登って、必ず見るべし!! 5月には「さつまつり」もあるけん。
★紅葉の見どころ
備中やぐらの下がきれいなんじゃ〜!
(トイレの近くです)

[所在地] 津山市
[開園時間] 8時40分〜19時(4月〜9月)
さくらまつり期間中は7時30分〜22時
8時40分〜17時(10月〜3月)
[休館日] 12月29日〜12月31日
[入館料] 一般210円、、小人100円
[問合せ先] 0868−22−4572
   


衆楽園
衆楽園は、中国山地を借景としたスケールの大きさ、南北に長い四つの島を配した近世池泉回遊式の大名庭園で、同じ様式の後楽園よりも古く、県の名勝に指定されています。明暦三年(1657)津山藩二代藩主、森長継公が京都から庭師を招き、仙洞御所を模して造営。水面に映る島影の美しさ、四季折々の樹木の枝ぶりにも、いかにも京風の洗練された優美さを感じることでしょう。とくに銀色のベールを被ったような冬の景色は凄絶なまでに美しく、わざわざこの季節を選んで訪れる人も多いとか。また俳人・山口誓子が「水にも地にも枝を垂れ」と詠んだ句碑が園の北側に建てられ、訪れる人の感慨を誘っています。

●パン太の見どころPOINT
衆楽園の中にあるお店でコイのエサを買って、のんびりするのが好きなんじゃ。春は桜、夏は緑、秋は紅葉、そして冬の雪景色!いつ来ても素晴らしい庭園じゃな〜。

[所在地] 津山市
[開園時間]

7時〜20時(4〜10月)
7時〜17時(11月〜3月)

[休館日] なし
[入館料] 無料
[問合せ先] 0868−23−6507
   
 


グリーンヒルズ津山・グラスハウス
園内には、無料でインターネットや資料閲覧等ができる交流プラザや400人収容の多目的ホールがあるリージョンセンター、野外ステージ、フラワーガーデンなどがあり、緑いっぱいのリフレッシュ空間になっています。ウォーキングコースもあるので家族でのんびりお弁当を持って出かけたいですね!
また、グラスハウスはガラス張りのゴージャスな温水プールで、夜もライトアップが幻想的。全長90メートルのスライダーやサウナ、屋外のジャグジーなど楽しい設備が満載。
●パン太の見どころPOINT
春はグラスハウスの側のレンガの桜並木がきれいなんじゃ。ベンチもあるけんお弁当を持ってLET'S GO!じゃ〜。

[所在地] 津山市大田512
[開園時間]

平日11時〜21時、土曜日10時〜21時、
日祝10時〜20時

[休館日] 火曜日(7月・8月無休)、12月31日〜1月1日
[入館料] おとな1,200円、小・中学生600円
[問合せ先] 0868−27−7140