ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

津田真道

▲津田真道(つだまみち)(1829-1903)生誕地

 幕末の洋学者で、明治の啓蒙思想家として知られる津田真道が18歳まで過ごした生家跡である。
 真道は文政12年(1829)津山藩士津田文行の長男として、ここ津山字林田上(現津山市上之町)に生まれた。幼名を貴久、次いで鶴太郎、また亀太郎と言い、長じて真一郎・行彦と称し、明治維新のころ真道と改めた。
生活は決して恵まれたものとは言えなかったが、真道は幼い頃から読書が好きで「座臥常に巻を釈てず」「津田真道」と伝えられている。
 嘉永3年(1850)江戸に遊学して、箕作阮甫、伊東玄朴らに蘭学を、また佐久間象山に兵学を学び、安政4年(1857)には幕府の蕃書調所に出仕した。文久2年(1862)から慶応元年(1865)まで津和野(島根県)出身の西周(にしあまね)と共にオランダに留学、ライデン大学のS・フィッセリング教授のもとで法学・経済学などを修めた。恩師フィッセリング教授旧宅に記念メモリアルプレートが設置されている。
 帰国後、幕府直参に列せられ、開成所(東京大学の前身)教授となり、憲法行政法学書の先駆となる「泰西国法論」を刊行し、明治期における三大法律家のひとりに挙げられる。また、明治6年(1873)新思想団体「明六社」の創設にも尽力し、機関誌「明六雑誌」に多くの啓蒙的論説を発表した。
23年(1890)には衆議院議員に当選、初代副議長を務め、のち貴族院議員として活躍。33年(1900)には男爵に叙せられ、36年には法学博士となったが、同年9月、東京麹町の邸で没した。享年75歳であった。

▲津田真道(1829-1903)

写真は「津山の文化財」津山市教育委員会発行より

▲津田真道生誕地横にある上之町町内会の花壇


参考文献: 「波濤を越えて」「津山の文化財」津山市教育委員会発行より

▲生家前の上之町の道

▲今は雑草が茂っている。

▲生家跡の碑

▲案内板の隅には可愛いピンクの芙蓉の花が咲いていました。

▲当時の面影を残す玄関先の石段

▲屋敷跡

▲敷地の周りの溝