ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

M&Y美術館

M&Y記念館トップへ戻る

▲日本で初めての展示だそうです。歌舞伎の好きな方は一度本物を見られてはいかがでしょう。

能・歌舞伎衣装は重たいというイメージでしたが、名人の織った物はとても軽くてふぁ〜としていました。


 「能・歌舞伎衣装 津山に咲く 〜包むという文化を通じて〜 」について
 現在、日本でただ一人、手織りで歌舞伎の衣装と帯地(丸帯)を京都・西陣で制織する職人が宮本克之助氏です。宮本氏は坂東玉三郎、市川海老蔵など多くの歌舞伎役者の衣装を50年以上にわたり手がけられてきています。
今回は「能・歌舞伎衣装 津山に咲く〜包むという文化を通じて〜」と題して、「包む」という視点から宮本氏の制織した能・歌舞伎のための衣装を、丸帯や仕覆、バッグ、袋帯、風呂敷などさまざまな形にして展示を行います。
また、和仁栄幸氏作の、松永直之氏の協力により、備前焼ぐい呑み+仕覆、額装仕立ての衣装地なども展示されます。
主催は、京都の呉服店「あいぜん」。同社の創業30周年を記念して京都、東京、津山にて実施されます。

  津山ではM&Y記念館、京御門茶室画廊(10/16(金)〜10/18(日))の2箇所にて開催いたします。

主な展示内容は以下の通りです。(展示する作品はすべて販売もいたします。)
○「包む」の視点で能・歌舞伎衣裳を様々な形にて展示(丸帯、仕覆、バッグ、袋帯・風呂敷など)
○衣装制作のための紋型紙(初公開となります)
○和仁栄幸氏によるぐい呑など30選(限定版・仕覆をセットにて展示)
○松永直之氏による衣装地の額装作品の展示
○あいぜん30周年記念の創作きものと帯の展示

○宮本克之助氏略歴
1941年 京都市に生まれる
創業者 宮本与平は、明治20年機業店より独立し当時は袈裟など法衣を製織していたが、孫にあたる三代目宮本揆卯次郎が昭和21年から舞台衣裳専門へと内容が移行。
1986年(昭和61年)揆卯次郎死去により当代、宮本克之助が継承し現代にいたる。

▲備前焼とマッチしています。

▲M&Y記念館入口

▲展示風景

▲展示風景

▲小物の展示即売

▲小物の展示即売

○和仁栄幸氏略歴
1944年 苫田郡鏡野町に生まれる
1967年 金重陶陽の門に入る。師の他界後、長男道明に師事、金重素山に薫陶を受ける。
1975年 苫田郡鏡野町に築窯し独立。
1977年 「金重陶陽一門展」に出展、以後各地での一門展に参加、個展を開く。

○松永直之氏略歴
1958年 津山市に生まれる
1986年 津山高等技術専門学校木工科を卒業。
1998年 大阪高島屋にて個展を開く。以降2001,2004,2007,2009年にも個展を開く。
その他、福山天満屋(2002)、岡山高島屋(2003)、高松天満屋(2007)等にて個展を開く。

▲棟方志功・柳井道弘記念館(M&Y記念館)で売られている津山に関する記述と棟方志功に関する本です。

▲今回初めて公開の自画像


10/8(木)〜10/12(月)
棟方志功・柳井道弘記念館(M&Y記念館)1F展示室
〒708-0814

津山市東一宮13-8
10:00〜17:00
入館料:無料(2F常設展は500円となります)
連絡先:0868-27-3239(TEL/FAX)

▲自画像

▲挿絵および蔵書票

▲鮮やかな色です。

▲挿絵および蔵書票