ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

本琳寺

不遠山 本琳寺(2009.11.28)

▲門は津山城の門だとの言い伝えがある。(古文書が水害で流れてしまった為)明治7、8年に壊した時のもので、明治14年に立てた時の瓦に書いてあったらしい。現在の門瓦は20年前に葺き替えたものだそうです。
門には揚羽蝶の紋章が前後6つ飾ってありますが、150年以上経っていまだに綺麗な色で輝いています。


 本琳寺は岡山県津山市にある真宗大谷派(東本願寺)のお寺です。本琳寺の琳の字はお浄土の寂静を意味しているといわれています。

 1621年 東本願寺の末寺として、この津山の地に建立。初代本琳寺住職、釈宗俊より始まり、現在、13世釈晃順に受け継がれている。江戸中期に本堂が落雷により焼失。
その後門徒の力により仮本堂を建立。今日に至る。250年たった仮本堂も老朽化し、さらに平成10年の大水害により基礎部分の腐敗が急速に進み、新本堂再建の機運が極まり、2007年春より本堂建立に着手し、2008年3月末日に竣工致しました。本琳寺門徒、縁者のおかげと深く感謝いたしております。(情報提供:本琳寺)

忠政建立の寺である。
築城後に建てられているから城内にある。
(城内にあるお寺は、本琳寺と妙願寺だけである。)

▲喚鐘(はんしょう)で 始まりの合図を鳴らす。

▲山茶花

▲昭和天皇のお手植えの松=樹齢80年
(昭和天皇が大正時代に来られ、お手蒔きされたものを各お寺が3本づつ頂いたもの)

▲瓦

▲揚羽蝶の寺紋

▲玄関

▲洗心水

▲松も年数が経っているそうです。


本琳寺
岡山県津山市伏見町41

電話0868-22-7336

▲境内のもみじが綺麗に咲いていました。

▲境内

▲客殿

▲太鼓堂(法要のとき鳴らす)
10年前に葺き替えしたもの。

▲幕末に壁絵が流行って、それで塗られたものが残っている。

▲200年も経って残っているのは珍しい壁絵。

▲水害に遭ったが、幸いにして残った下段もので、ハスの花の凹凸が美しい芸術品です。

▲樹齢100年以上

▲さるすべり=およそ樹齢200年

この他、桜の木=100年(明治100年の時の記念樹)

▲本堂

▲山号額=不遠山=遠からずの意味で、仏は遠くにあるのではなく、自分の側におられる。という意味である。

▲本堂にある揚羽蝶の寺紋

▲山門の太い柱

▲揚羽蝶の寺紋の入った瓦

▲揚羽蝶の寺紋の入った瓦

▲井戸

▲鬼瓦

▲鬼瓦

▲鬼瓦を裏から見たもの。

軒瓦には菊の紋章があったが、菊の門は天皇家の紋章なので、恐れ多いと土で塗ってあったそうです。