ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

清瀧寺の宝もの

清瀧寺のお宝

清瀧寺トップQ&A

▲千手観音菩薩立像

▲千手観音菩薩横顔

 本尊の千手観音菩薩は、高さ110cmの立像。千本の手にそれぞれ眼を持っておられます。普通は42本に略してつくられますが、驚くことに清瀧寺の本尊は左右に扇の如く500本ずつの御手がつくられている珍しい作例です。三面のお顔で頭上には27のお顔を載せられている全国にもほとんど例のないお姿です。

 秘仏として祀られ、今回学術調査の結果、文化財等の指定に充分値する平安時代中期の優作です。後世の色補修はありますが、保存状態も良好で、全国的にも屈指のすばらしい観音様です。(市指定重要文化財)


▲弘法大師画像

 弘法大師空海の尊像は画像も仏像も決まったお姿です。右手に五鈷杵、左手に数珠を持たれ、台座に座しておられる形です。

 清瀧寺の図像は腕の確かな絵師の手によるもので、働き盛りの大師の尊容が描かれています。

▲天井の鳳凰図

 観音堂(本堂)の内部は華麗な装飾が施されています。天井は格子天井で、中央に算仙中村周介の描いた見事な鳳凰図が嵌め込まれています。

▲寅(岸駒・龍虎図)

清瀧寺の宝物より

▲弘法大師画像

▲屏風

▲屏風

▲龍(岸駒・龍虎図)

 岸駒は江戸時代後期の絵師。金沢の人で朝廷に仕え、越前守と称しました。狩野派の絵を学び、中国・明、清の画法も研究しています。天保九年九十歳で没。

 岸駒は特に虎の絵が有名ですが、清瀧寺には虎図だけでなく、龍図もセットで伝えられています。

▲大日如来坐像

 本堂内の厨子には大日如来が祀られています。

 大日如来は密教において最高の仏です。金剛界、胎蔵界の曼荼羅の主尊として中央に座しておられます。清瀧寺の大日如来は金剛界の大日で、一木で彫られた優作です。

 なお時代は平安時代の作ですが、お顔を鎌倉時代に手を加えたようです。心洗われる美しい像です。

▲毘沙門天立像

 毘沙門天は多聞天とも呼ばれ、四天王のうち北方を守る仏です。のちに独立して福徳の神として信仰され、七福神の一人になりました。清瀧寺の毘沙門天は高さ68cm、彩色がまだ鮮やかな美しい像です。

 江戸時代のものと思われますが、工芸的に優れた仏像です。台座に仏師名が残されています。

▲脱衣婆

 清瀧寺には珍しい十王堂があり、その中に十王像が安置されています。三途の川を渡る亡者の衣服を剥ぎ取る脱衣婆も、写実的に作られています。

※参考文献:「墨池山 清瀧寺の宝物」より

著者:柳生尚志、撮影・制作:人見写真事務所