ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

壽光禅寺

▲臨済宗妙心寺派 西巌山 壽光寺の略縁起

 当寺は元、鳳翔山景徳寺と称し、元和元年(1615年)の創建と言われている。

開山は鎌倉円覚寺の僧であった庭恕和尚、開基は津山藩城森忠政の叔父、森可政(竹林院殿普隠智賢居士)で、森家(西宮市在住)の墓碑は当寺墓地の西側中央部に数基あるが、その中に可政の墓碑は見当たらず、また何処にあるのかも知らない。

 当寺5世盤海和尚の代、宝永年間に至って、松平綱国は継母と共に当寺へよく参詣しており、継母が逝去するとその遺骸を本堂裏で火葬にしたが、その跡に盤海和尚が地蔵尊を建立して供養した。この地蔵は現住清堂和尚が、墓地整理の際に、本堂前の無縁墓の中央に移している。

 尚、綱国の祖父に当たる松平忠直(元、越前宰相)が、豊後の国で逝去しても、確かな菩提寺が無かったので、当寺へ祀ることとし、忠直(西巌院殿相誉蓮友大居士)と継母(立長院殿雲嶽寿光大姉)の戒名より寺号を西巌山壽光寺と改め、忠直以降の松平家霊牌を祀堂仏壇に祀っている。

 当初は36俵、後に3人扶持の加増があり、合計52俵5升を年々下賜されていたが、明治2年廃藩後中絶した。

 本堂(31坪)は改築の記録が無いので、ほぼ創建時のままではないかと思う。玄関(14坪)と庫裏68坪)は当山10世顕州和尚の代、文久2年(1862年)に再建されている。鐘楼は明治45年(1912年)4月に建立されたが、梵鐘は昭和20年に戦時供出されたままである。(情報提供:壽光寺)

2009.9.19・20

▲鐘楼


 当寺の本尊は聖観世音菩薩であり、鐘楼の北にある鎮守は天神様である。

現在の住職は当山13世清堂大徹(昭和21年就任)である。

▲天神様


森 可政(もり よしまさ)の墓所(位牌のみ)。戦国時代の武将。


臨済宗 壽光禅寺

岡山県津山市西寺町101

電話0868-22-7764

▲境内

▲本堂

▲顎

▲境内

▲白壁が美しい通りにあります。

▲山門

▲境内から山門を観る

▲庫裏