ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

手すき和紙図

横野和紙のつくりかた

「ちゃっぽん、ちゃっぽん」軽やかな水音をたてて簀桁を揺する。そこから、あの手すき和紙が生まれる。


おもな和紙原料
・楮(こうぞ)
クワ科の落葉低木、繊維は太く長い、強度を要求される障子紙などに使われる。
・三椏(ミツマタ)
ジンチョウゲ科の落葉低木、繊維は細く短く光沢があり、紙幣用紙、版画用紙、箔合紙など表面に平滑性を要求される紙に使われる。
・雁皮(ガンピ)
ジンチョウゲ科の落葉低木、繊維は三椏に似て細く粘りがあり光沢のある紙ができる。謄写版原紙、箔打紙などに使われる。


上田手漉和紙工場
岡山県津山市上横野1874
電話0868-27-0960