ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

河野美術館(建物)

河野美術館旧河野医院建物

▲旧河野医院と河野美術館です。通りから見ても立派な建物ですね。

入場無料で土曜、日曜の午前10時〜午後5時開館(津山市勝間田町16TEL0868-23-4285)

▲玄関の梁は太くて立派です。

▲電話室には(電話118番)と書いてあります。

▲ 薬戸棚だったそうですが、現在はお人形が所狭しと並んでいます。


河野美術館【無料】
東光会会員・審査員の河野磐さんの私設美術館で旧医院(1900年開業)を改装して、平成14年オープンた美術館です。旧医院は、大正時代の建物で非常に貴重な建築物の一つです。

▲玄関を入るとすぐの待合室。

▲薬戸棚だったそうです。

▲診察室だったそうです。

▲診察室の天井を見ると、大正時代の医院のレトロなシャンデリアです。

▲玄関を入るとすぐの受付窓口。

▲ここは窓口の中側です。ここから薬をだしたり、受付をなさっていたそうです。

▲診察室入り口の横が電話ボックス。

診察室の天井の窓。

▲欄間です。

▲このお部屋は居間でしょうか?天井が高いのです。

▲美術館から母屋を望む。

この渡り廊下の向かって左側が中庭です。

現在は、再開のめどが立っていないそうです。また、先の洪水で床が浸かり、傷みが激しいとのことです。近いうちに再開していただくことを心から願いつつ。

▲ここは広間です。

▲天井が高いので欄間じゃなくて障子なのでしょうか?

▲天井が高いので中二階になっているのではという方も。

▲途中には河野さんの作品が所狭しとかざってあります。

▲美術館へ続く途中の小部屋

▲美術館へ続く途中の小部屋

▲中庭の廊下から母屋を望む。

▲母屋から美術館を望む。

昔は蔵と裏屋敷があったのだそうです。

※ご親切に案内くださいましたことに感謝いたします。