ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

津山洋学資料館

こちらは旧館の情報です。
現在は新館(こちらのページです)へ移設されています。

洋学資料館(建物)洋学資料館(展示物)
※是非一度お出かけください。津山の洋学は見ごたえがあります。
◆休館のおしらせ◆
  建設工事が進んでいる新館への移転作業のため、4月1日(水)から新館のオープン(22年3月の予定)まで、休館いたします。しばらくの間、展示見学・資料閲覧ができませんが、新しい資料館のオープンにどうかご期待下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

津山洋学資料館の建物
(津山市重要文化財指定第40号)
大正9年(1920)に妹尾銀行の津山東支店として建てられた。その後第一合同銀行、中国銀行津山東支店となり、昭和48年まで
銀行として使用されていました。

▲軒先

▲倉庫

▲箕作阮甫さん。

津山駅に立っている銅像と同型だそうです。


※池田豊太郎(多くの名建築を残した棟梁)
洋学資料館をはじめ、キリスト教図書館十字会館、中島病院旧本館、旅館対鶴楼など多くの名建築を残しています。用材は山に入って自ら選び、香をたいて製図をしたと伝えられています。


※磯島政吉(幻の名工といわれる建具師)

明治37年に出雲で生まれたと伝えられていますが、その経歴は定かではありません。先祖は出雲大社の宮棟梁であったといい、「磯島のちり返し」といわれる独特の面取を考案するなど、稀有の名工として知られています。昭和17年岡山で亡くなりました。


★利用案内

開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日:

月曜日、祝祭日の翌日、12月27日〜1月4日

入館料:

大人¥150(団体¥120)

高校生・大学生¥100(団体¥80)※団体30名以上

交通:

市内循環ごんごバス「東松原」下車徒歩1分

中鉄バス「松原向」徒歩5分

中国自動車道「津山インター」から車で10分


津山洋学資料館
〒708-0841
岡山県津山市川崎823
TEL0868-23-3324
FAX0868-23-9864

▲本館は神社仏閣風の外観で、屋根は千鳥破風入母屋造り。桧皮葺きの上を銅板で張りさらに玄昌石の天然ストレートで葺くという凝った造りです。

▲天井の壁面

▲天井

▲ケヤキの玉目の腰板や、カウンターの一枚板の巨木は今ではなかなか見ることの出来ないものです。

▲展示室に行きがけにある庭

▲事務所の外観

▲展示室へ続く

▲この扉の向こう側に展示室があります。

▲奥の部屋へと続く

▲窓も素敵です。

内部はモザイクパーケット貼で大正期の優れた建築技術を示すものとして、注目されています。

▲津田真道の銅像

▲宇田川玄真の銅像

▲宇田川榕菴の銅像

▲素晴らしい資料がぞくぞくあるそうです。

▲津山藩医久原洪哉使用の駕籠

この駕籠の製作年代は明らかではありませんが、漆の下張りに慶応3年の日付のある和紙が使われていたことから、幕末のころに新調されたものか、また修理されたものと思われます。

▲かごの中にはひじ当てや背もたれがありました。

▲思わず軒をみてしまいます。

▲庭は休憩所になっていました。

▲綺麗なレンガ

▲窓

※津山洋学資料館にご協力いただきました。