ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

美作国府跡No2

美作国府跡

史跡美作国分寺跡とその特徴 2009.9.2取材 国府台寺(こうだいじ)2010.9.7取材

美作總社宮2009.1取材 平成21年度現地説明会(岡山県古代吉備文化財センターHP)


 美作国は、和銅6年(713)に備前国から北部6郡(英多(田)・勝田・苫田・久米・大庭・真嶋郡)を分けて新たに誕生しました。美作国府は津山盆地北西側の標高約120mの台地上にあたる、津山市山北・総社・小原周辺に置かれました。 
 都市計画道路大谷一宮線街路改築工事に先立って、岡山県教育委員会・岡山県古代吉備文化財センターでは、地元の方々のご理解とご協力をいただきながら、この路線内にあたる美作国府跡の発掘調査を平成18〜22年度に行いました。

美作国府について
 国府とは、今から約800〜1,300年前の奈良〜平安時代に、全国60あまりに分かれていた「国」ごとに置かれた政治・経済・文化の中心的な施設です。
 中国道の建設に伴い、岡山県教育委員会が実施した昭和45〜47年の発掘調査では、国司の職名である「少目」と記された墨書土器が出土し、都から派遣された国司が滞在した「国司館」と思われる施設が見つかりました。
 また、津山市教育委員会の昭和61年以降の発掘調査では、政治や儀式・饗宴を行っていた「政庁」と見られる建物が確認されました。政庁の建物配置は東に正面を向けて、正殿を中心に、南北に脇殿を置く「品字形」が想定されています。正殿の位置はわかっていませんが、現在の国府台寺付近にあったと考えられています。

美作国府跡は、津山盆地北西側の約600m四方の範囲にあったと推定されています。発掘調査はその推定範囲内を南北に通る予定路線のうち、山北地区を北から幸畑・高橋上・高橋谷の合計3つの調査区に分けて調査を行いました。
 幸畑・高橋上調査区は安定した台地上にあたり、高橋谷調査区は北西から南西方向に下るせまい谷部に位置します。
建物
 幸畑・高橋上調査区では、奈良〜鎌倉時代の建物が見つかっています。特に、奈良〜平安時代初めの大形建物は官舎と考えられ注目されます。高橋谷調査区では。平安時代の終わり〜鎌倉時代の建物が見つかりました。
平安時代の終わりになると、国司は地方に赴任しないで、実際の仕事は、地元の豪族から選ばれた役人(在庁官人)があたりました。
 こうした国の治め方は、奈良時代から続いた国府のあり方にも影響をあたえ、多くの施設もその性格が変ったり、再整備がなされたりしたようです。
【写真・文】岡山県古代吉備文化財センター平成20年3月発行「発掘美作国府跡2008」より抜粋(許可済み)