ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

津山洋学資料館(城東)

津山洋学資料館は

平成22年3月19日(金)に開館しました。

▲入口


プロローグ室 
知は海より来たる

洋学の世界へ
 江戸時代、西洋の知識はオランダによって長崎・出島にもたらされ、「蘭学」が生まれました。プロローグでは知の入口となった出島をイメージし、床には絵図を描いています。

▲プロローグ室

さあ、私たちも出島を通って、洋学がどのようにして発達していったのか、歴史を辿る旅に出発です。



展示室〔1〕
人体に隠された科学への扉

江戸蘭学の夜明け 
 オランダ語の解剖書を見た杉田玄白たちはその正確さに驚き、翻訳を決意します。『解体新書』は江戸蘭学の夜明けを告げ、やがて各地に蘭学者が生まれていきました。

▲展示室〔1〕

 展示室〔1〕では『解体新書』など蘭学が始まったころの資料や、津山藩にはじめて蘭学をもたらした宇田川玄随、そしてその跡を継いだ玄真・榕菴の業績を紹介しています。


展示室〔2〕 
世界へと開かれていく眼

阮甫が生きた時代
 幕末には、日本は欧米諸国から開国を迫られます。津山生まれの藩医箕作阮甫は、ペリーが持参したアメリカ合衆国大統領の親書を翻訳し、プチャーチンが長崎に来航した際には対ロシア交渉団に随行しました。これほどの活躍をした阮甫とは、一体どのような人物だったでしょうか。

▲展示室〔2〕

展示室〔2〕では阮甫の生涯と、その跡を継いだ省吾、秋坪を紹介します。


展示室〔3〕 
日本の近代化と津山の洋学者

開国からやがて明治維新へ 
 激動する時代の中で次第に洋学の重要性が高まっていきます。幕府や政府は海外に留学生を派遣して近代化を推進し、津山からも津田真道、箕作麟祥、箕作佳吉、久原躬弦、箕作元八ら多くの若者が海を渡っていきました。一方郷土津山でも、洋学を学んだ医師たちが地域医療や教育に尽力します。

▲展示室〔3〕では日本の近代化に貢献した津山の洋学者たちに迫ります。

※津田真道(つだまみち)、箕作麟祥(みつくりあきよし)、箕作佳吉(みつくりかきち)、久原躬弦(くはらみつる)、箕作元八(みつくりげんぱち)



幕末から明治期の美作地域にある医家の調合の間(診察や薬の調合を行う部屋)を再現しています。

▲前庭

▲復元展示室〔ある医家の調合の間〕



▲外観が美しい

▲入口

【主な展示資料】

・杉田玄白らの翻訳した『解体新書』

・山脇東洋の腑分けの記録『蔵志』

・宇田川玄随が翻訳刊行した日本最初の西洋内科学書『西説内科撰要』

・宇田川玄真によるベストセラー医学書『医範提綱』

・宇田川榕菴の本格的植物学書『

植学啓原』

・宇田川榕菴の化学書『舎密開宗』

・箕作阮甫の翻刻した『和蘭文典』

・黒船来航の様子を描く「ペリー来航絵巻」など

▲榕菴コーナー

オランダカルタなど、江戸のマルチ学者・宇田川榕菴の好奇心を物語る資料を紹介しています。


★写真、文は津山洋学資料館からご提供いただきました。



津山洋学資料館  〒708-0833 岡山県津山市西新町5  TEl0868-23-3324

津山洋学資料館公式サイトはこちら

街検索「津山洋学資料館(新館)」  城東むかし町の見どころ  知ってびっくり津山の洋学

/※旧洋学資料館の取材記事展示物/日蘭交流の記事/