ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

国分寺飯塚古墳

▲国分寺飯塚古墳
  国分寺に位置する標高179mの観音山から北西方向に派生した尾根の先端部に位置します。径35mの円墳で、高さ6m、墳頂の平坦部径は10mを測ります。墳頂平坦部には、径3m、深さ30cm程度の浅い盗堀壙が見られますが、全体に墳丘の遺存状態は良く、均整な円錐形を呈しています。墳丘の斜面には、挙大の円礫による葺石が散見されます。
  発掘調査履歴は不明で、内部主体の規模・構造等は分かっていません。遺物としては、墳丘斜面からの埴輪が発見されていますが、詳細な築造時期は不明です。参考:津山市の文化財(津山市教育委員会発行)

2009.9.19

▲標柱

▲墳丘北側

▲青空の中にくっきり映えています。

▲古墳西側

▲稲とススキが古墳を囲んでいます。