ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

出雲街道つやま城東、荒神曲がり

城東街並み保存地区トップ本家忠兵衛鎌製造元忠兵衛鎌製作所荒神曲がり

▲向かって右の建物が 忠兵衛鎌製作所さん、左手前から二軒目が本家中兵衛鎌さんです。

荒神曲がりは西の大曲がりと同じく出雲街道を代表する、大きくカーブする曲がり角です。江戸時代ここに荒神社という神社があり、その名の由来になっています。荒神社は今では大隅神社本殿西側に合祀されています。

▲荒神曲がりの道標です。

萩や津山のような城下町には必ずある「鍵曲(かいま)がり」は、敵の襲撃の勢いをそぐためにわざと曲げてつくられ、見通しを悪くしたといわれています。ちなみに、ここから次の鍵曲がり「荒神曲(こうじんま)がり」までが大名行列の長さに匹敵するのだそうです。

▲これが荒神曲がりです。

▲荒神曲がりです。

▲荒神曲がりです。