ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

大神輿還幸...

| TOP 宵祭りが始まる | 夜明けとともに、大神輿の飾付け開始 | 神様が大神輿の中へ... |
| 本殿での獅子練り | 大神輿出輿 | だんじりも市内へ出発 | 大神輿還幸... |
大きな感動とともに御神輿がお宮へお帰りになられる還幸。
シャンシャンという大きな鈴の音との掛け声がだんだん近づいてきます。御神輿が近づくに連れ、心のなかで輿丁のみなさんへの感謝の気持ちがどんどんどんどん大きくなり、感動で胸がいっぱいになるのです。
ありがとう!!ありがとう!!ありがとぅ〜〜〜う!!

大神輿がトマト銀行の前に到着しました。ここでお宮からのお迎えをお待ちしましょう。

お宮から迎え提灯が来られました。
ここからの先導はこの方たちに委ねられます。
さぁ、最後です。もうひとがんばり!
「ヨイショ!!」大神輿に肩を入れなおし、お宮まで神様をお連れしましょう!!
輿丁取締の声にも力が入りますよ!!もち、巻き舌で!
「ぜ〜ったい、落とすなよぉ!!わかっとんかいぃ!!いけるんかいぃ!!」
かぁっこえ〜〜〜〜〜〜!!!!シビれる〜〜〜〜!!!!

獅子も最後の大暴れ!!!
「ゆっくり、ゆっくり」となだめられながら境内へと入る大迫力の獅子練り。
側に行ったらふっ飛ばされますよ...。でも、側に寄ってみましたらちょっと怒られました。
獅子練りに続き、大神輿もゆっくりと境内へ。
そして神様が御神輿から本殿へとお入りになられます。
もちろんこの時にも神様に気付かれないように、鈴を鳴らし大きな声で「おお〜!!おお〜!!」と叫びますよ。
輿丁の皆様、祭りの華であるだんじりの曳き手のみなさん、そして実行委員会のみなさんお疲れさまでした。
今年も素晴らしいまつりをありがとうございました!!!!
来年は美作国建国1300年を記念した盛大な祭りになります。
祭りが終わった後の合言葉。
「祭りまであと364日じゃ〜!!」
来年のお祭りが待ち遠しぃ〜〜い!!
≪「だんじりも市内へ出発!!」へ

上へ戻る
徳守神社秋祭りかぶりつき取材TOP