ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

津山市について

津山市について

 津山市は、岡山県の北部、津山盆地とその周辺から成り立っており、北は鳥取県と接しています。古くから美作地域の中心であり、和銅6年(713)の美作国成立時には現在の津山市総社に国府が置かれました。江戸時代には津山城の城下町となり、当時の遺構や古い町並みも残っています。
 市制施行は昭和4(1929)年、現在の津山市は平成17(2005)年2月28日に、旧津山市・勝田郡勝北町・久米郡久米町・苫田郡加茂町・苫田郡阿波村が合併して誕生し、総人口は104,120人(2015年9月1日現在)です。
 津山の名前の由来は、津山藩初代藩主の森忠政(織田信長の小姓 森蘭丸の弟)が津山盆地中央の鶴山(現在の鶴山公園)に城を築き、それを津山と改めたのが始まりとされています。


■ルート検索を使うと津山までの交通手段(鉄道・空路等)を検索できます。 大きな地図で見る

アクセス
 ■ 公共交通でのアクセス

・空路 岡山空港
  東京(羽田)から 約1時間20分   沖縄(那覇)から 約2時間
  札幌(新千歳)から 約2時間
 岡山空港からは乗合タクシーで約1時間10分

JR 津山駅
 新幹線 岡山駅までの所要時間
  東京から 約3時間  名古屋から 約1時間45分  新大阪から 約45分
  博多から 約1時間45分  熊本から 約2時間15分  鹿児島中央から 約3時間
 津山線 岡山から約1時間~1時間半 このほか姫新線・因美線

高速バス (道路事情により遅延することがあります)
 東京(品川/浜松町/新宿/中野)から 約9時間(夜行)
 大阪から 約2時間半~3時間  京都から 約3時間

■市内でのJR以外の移動手段

路線バス グリーンヒルズ・院庄・奈義町・勝央町・美咲町・奥津温泉 各方面
ごんごバス(200円均一) 鶴山公園、衆楽園、城東、勝北・加茂・久米支所方面 

・レンタサイクル 津山駅観光案内所・観光センター(鶴山公園下)で借りられます。2時間400円~1日1,000円。電動アシスト自転車もレンタル可能(2時間600円~1日2,000円)

・レンタカー JR津山駅近くにトヨタレンタリースもあります。

タクシー

 ■ 車でのアクセス

・高速道路ご利用の方 中国自動車道 津山IC もしくは 院庄IC
  中国吹田(大阪)から 約2時間  広島から 約3時間弱

国道53号 岡山から 約1時間半  鳥取から 約1時間半
国道179号 姫路・倉吉方面から
国道181号 米子方面から 

観光・イベント

 津山市の主な観光スポットは、津山城・鶴山公園(備中櫓、桜の名所百選)、衆楽園、城東町並み保存地区、グリーンヒルズ津山(グラスハウス)、横野滝、布滝(のんたき)、梅の里公園などがあります。最近では、津山駅扇形機関庫などローカル鉄道も注目されています。
 津山の祭り・イベントは、つやま芸術祭、津山さくらまつり(4月上旬)、地ビールフェスタ(夏季)、津山納涼ごんごまつり(8月)、津山まつり(10月)、津山城東むかし町(11月)、津山国際総合音楽祭などがあります。

特産品・おみやげ
銘菓 いちま、桐襲、初雪、十萬石 など
農産物 西条柿、作州牛、自然薯、ジャンボピーマン、新高梨、ピオーネ、しょうがなど
グルメ

さば寿司、しいたけめし鶴山おこわ津山ホルモンうどんそずり鍋干し肉など

地酒 加茂五葉、津山ビール、作州武蔵、津山城、富久迎 など
伝統工芸 作州絣、作州牛(玩具、竹細工)横野和紙、木彫など

著名人

■主な出身者
箕作阮甫 (洋学者)
西東三鬼 (俳人)
平沼騏一郎 (元内閣総理大臣)
Mr.ボールド (コミックサイクル芸人)
押阪忍 (フリーアナウンサー)
重松清 (直木賞作家)
稲葉浩志 (B'z、ボーカリスト)
オダギリジョー (俳優)
有坂翔太 (料理研究家)
タイガー福田
ブー藤原
(ロックンロールコント集団 超新塾、匠の空想職人 ZEN[タイガー福田のみ])
高橋信二 (プロ野球日本ハムコーチ、津山工高→日本ハム→巨人→オリックス→信濃)
亀沢恭平 (プロ野球選手、作陽高→環太平洋大→香川OG→ソフトバンク→中日)
坂本雅幸 (鼓童、太鼓奏者)
桜乃彩音 (女優、元宝塚歌劇団 花組娘役トップ)
小田 潤 (人形作家、フランス国際芸術コンクール サロン ドトーヌ 入選)
■ゆかりのある人
鍬形蕙斎(くわがた・けいさい) (浮世絵師、津山松平藩御抱絵師、「江戸一目図屏風」
棟方志功 (板画家、津山地方に数々の作品を遺す)
太田三郎 (切手アーティスト、津山市在住)