ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

城東昔町家(箕作邸)

出雲街道城東マップ箕作阮甫旧宅城東むかし町家(梶村邸)作州城東屋敷だんじり展示館香葉うき草や飛脚寿司キルトハウス・グリム

▲箕作阮甫旧宅【無料】
幕末に活躍した洋学者箕作阮甫の生まれ育った家です。当時の町家がそのままの雰囲気で解体復元されています。町医者であった箕作阮甫の旧宅は、よく江戸時代の姿をとどめているとして国の重要指定史跡となり、再整備され公開されています。


箕作家のルーツ

近江源氏の一族で、佐々木姓を名乗り、平安末期から戦国時代の終わりまで、守護・戦国大名として近江一帯を治めていた。

室町時代に佐々木22代高頼の子で箕作山(現滋賀県五箇荘町)の城主であった定頼が箕作氏を名乗ったことにより、箕作家は始まる。


阮甫は寛政11年(1799)松平藩5代康哉(やすちか)の時、西新町旧宅で生まれ14歳まで過ごした。

12歳=兄豊順が亡くなった為、家督を継ぐ。(箕作7代)1810(文化7)

17歳=藩儒永田桐陰に漢学を学ぶ。1815(文化12)

18歳=京都で竹中文輔のもとで医学を修業。1816(文化13)

21歳=津山藩儒医、大村家のとゐと結婚。1821(文政4)

22歳=藩主、松平斉孝(7代)に従って江戸を出る。津山藩(江戸詰)の侍医宇田川玄真の門に入って洋学を学ぶ。1823(文政6)

33歳=江戸詰となり妻子とともに江戸へ移る。以後江戸で活躍する。1831(天保2)

40歳=幕府天文台に出役し「蕃書和解御用」に携わる。1839(天保10)

55歳=アメリカ合衆国使節ペリーが浦賀に来航、同年ロシア使節プチャーチンが長崎に来航時には、外交文書の翻訳に携わり、養子の箕作秋坪、ジョン万次郎、村田歳六などと共に活躍する。1853(嘉永6)

58歳=幕府「蕃書調所」の教授となる。蕃書調所が現在の東京大学の前身であることから、阮甫は日本最初の大学教授と称される。1856(安政3)

60歳=神田お玉が池に「種痘館」を開設。のち東京大学医学部へと発展する。1858(安政5)

64歳=洋学者として始めて幕臣に列せられる。1862(文久2)

65歳=湯島天神中坂下で没した。明治維新の5年前のことである。1863(文久3)

▲箕作家も津山藩の医者でした。阮甫は西新町で生まれ、江戸へ出て宇田川玄真について洋学を学びました。

洋学の翻訳にも力を注ぎ著書や訳書がたくさんあります。

我が国最初の医学雑誌を発行したり、オランダ語の文法書を発行して学問の発展に貢献しました。


阮甫は生涯一医者にとどまらず、経済・天文・法学・地理・物理・兵学など洋学者として、広く学問を修め、幕府の外交政策等にかかわり、近代日本の文明開化の先がけとなった一人で多くの業績を残した。

まさに郷土の誇りである。勿論日本の誇りでもある。

▲ 箕作阮甫

(みつくりげんぽ)


神崎与五郎と箕作家は親類...エピソード

延宝6年(1678)与五郎が14歳の時、従弟の箕作十兵衛と一緒に津山の町を歩いていたら、かねてから十兵衛を恨んでいた少年が、いきなり小刀で十兵衛の顔を切りつけて逃げた。

与五郎は大いに怒り、追いかけて切り倒した。時の人々はその勇敢で俊敏な働きを賞賛した。

十兵衛は、後に貞弁と称し西新町で医業を開いた。阮甫の曽祖父である。神崎与五郎はのち赤穂義士となる。


神崎与五郎のこと

与五郎は、寛文6年(1666)津山城下の生まれで、津山藩士として森家に仕えたが、4代長成の時改易となり、その後赤穂藩に仕えた。5年後の元禄15年(1702)の吉良邸討ち入りに参加し、半弓を手に華々しく闘い、翌年江戸の岡崎藩主水野忠之の屋敷で自刃した。享年38歳であった。


与五郎の生母の墓は西寺町「愛染寺」にある。徳森神社には、討ち入り前に詠った歌碑が建っています。「海山は中にありとも神垣の隔てぬ影や秋の夜の月」赤穂四十七士と言えば、他に美作の地から参加した芳野和助(河辺)と横川勘兵(美作)がいます。


津山と赤穂とは因縁が深く、浅野家断絶のあと、森家2代藩主長綱の子長直が宝永3年(1706)赤穂森家として入り(2万石)明治の廃藩置県まで続きました。

▲奥の間

▲居間にある、

▲台所のかまど

通り庭式の土間には大きな曲土(くど「かまど」)があり、煙り出しと明り取りを兼ねた「無双窓」があります。

▲資料館

▲資料館内部

▲資料館天井

▲昔は、この石を支柱にして、足で漕ぎながら、お米や麦などをひいていたものらしい。箕作家にあったのは、漢方薬を作るのに使用されたのもではないかとの話もある。


津山市西新町6番地 

電話/0868-31-1346

開館時間/9:30〜16:30
休館日/月曜日(月曜日が祝祭日の時は木曜日が振替休日)H24年5月より

▲土間・台所(中庭に続く)

▲中庭にある井戸

▲中庭

▲檜皮(ひわだ)を張り付け、屋根裏は、竹をつるで巻きつけた「竹すのこ張り」という大変めずらしい構造になっています。

▲中庭の縁側

▲津山城の瓦

津山城は今から約130年前、明治6年(1873)の廃条令により、全ての建造物は取り除かれました。この瓦は4.6×3.2、2.2×2.8cmと大変大きなものです。瓦屋小路の瓦師赤染部家で作られたものです。西新町在住の竹内鶴一さん宅で発見されました。町家の瓦と比べて見てください。(平成16年5月)

▲昔のトイレ