ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

二宮「立石邸」

岡山県北観光ガイド高野神社本殿高野神社重要文化財・門前町のなごり・宇那提の森立石家・首なし地蔵

美和山古墳二宮地区マップ

 立石家

▲とにかく立派なお宅でした。個人のお宅なので遠くから眺めてください。(ご迷惑にならないようにね!)
民会と自由民権

血税一揆のあと、北条県の小野参事(知事)は政治のやり方をかえ、1874年(明治7年)、地租を納める住民が参加する民会を作りました。民会は、町村会・区会・県会に分かれ、議会は選挙で選ばれました。
また、議会での議論や決議は自由で、全国でも進んだ制度でした。議会で取り上げられた事がらを見ると、「税金・村の費用」、「学校」、「道路や用水」といった地域のくらしに結びついたものでした。こうした経験により、住民に民権の大切さが語られ、広まっていきました。
1876年(明治9年)、北条県は合併して岡山県となりました。1879年(明治12年)、最初の岡山県議会議員選挙が行われ、県議会が開かれました。知事の力が強く、県議会で減税や住民の権利を主張しても聞き入れられません。
津山の立石岐、鏡野の中島衛らは、備中・備前の代表と協力して、「県議会が開かれても、政府の規則や命令で何もできない。くらしを良くする為には、政治を変え、人民の国会を開くしかない」と国会開設請願の署名運動を起こしました。

わたしたちの「津山の歴史」より抜粋

 首無し地蔵

津山城松平二代目城主、松平浅五郎(幼少6歳)時代の事。

享保11年3月(253年前)山口一揆の首謀者として御殿河原に於いて斬殺された5名の者の地蔵様で、新田村(現津山市新田)の村人達が哀れんで建立したものである。

巨魁の徳右衛弥治郎

富来谷村の與七郎

東芽部村の七左衛門

土居村の忠左衛門

東芽部村の喜平冶

▲首なし地蔵さんは、佐野食品さんのすぐ隣です。

▲横には可愛いマリーゴールドの花が綺麗に咲いていました。

▲本当に首がない!