ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

棟方志功さん作品「釈迦十大弟子二菩薩」

M&Y記念館2F展示釈迦十大弟子棟方志功作品群棟方志功略歴

1Fギャラリー中村隆茂彫書 齊木丘菫岡本裕と仲間 きりえの世界展写真家 岩合光昭立原位貫浮世絵版画作品展江口 進作品展棟方志功贋作展開館1周年春の特別展示| 「立原位貫 ギャラリートーク&実演」



お釈迦様の十人の弟子はどんな人たちなのか? 十人の弟子には、それぞれの物語があるのです

▲舎利弗

(しゃりほつ シャーリープトラ)
【智慧第一】......一を聞いて十を知る。
一を聞いて十を知る秀才です。目?連とともにお釈迦さんの信頼の厚い一番弟子です。

▲目けん連

(もっけんれん モッガラーナ)
【神通第一】......神通とは超能力のようなものです。
親友の舎利弗とともに釈迦に帰依し、地獄道に堕ちた母親を救いました。

▲摩訶迦葉

(まかかしょう マハカーシャパ)
【頭陀第一】......衣食住に執着せず"足るを知る"こと。
お釈迦さんの死後、弟子たちをひきいた大長老。師にもらった衣をボロボロになるまで着ていた(襤褸の衣)清貧の弟子です。

迦旃延

(かせんねん カッチャーヤナ)
【論議第一】......弁舌にすぐれている。
深遠な思想をわかりやすく教えた超説明上手な学者タイプの伝導の達人です。

▲富樓那(ふるな プンナ)
【説法第一】......迦旃延と同じく弁舌にすぐれている。
海洋貿易の商人あがり。聞く人皆を楽しくさせる説法名人のインドの"寅さん"です。
▲阿那律(あなりつ アヌルッダ)
【天眼第一】......智慧の目のこと。見えないものを見通す力。
お釈迦様のいとこだったこの人は師の説法中につい居眠りをしたところを恥じて、以後ずっと眠らずついに失明しました。

▲優婆離(うぱーり ウパーリ)
【持律第一】......戒律を守って犯さないこと。
阿那律の従者でしたが主人よりさきに出家してしまいました。もと、散髪屋の愛嬌物です。
▲須菩提(すぼだい スプーティ)
【解空第一】......空は宇宙であり大自然である。
色即是空 空即是色・・・このむずかしい「空」をもっともよく理解した人です。
▲羅?羅(らごうら ラーフラ)
【密行第一】......密教的な修行の実行の人。
お釈迦様の息子。羅?羅はあまり頭がよくありませんでした。だから体を使って悟りを得ようと荒行に励んでファザコンを克服しました。

▲阿難陀(あなんだ アーナンダ)
【多聞第一】......「広く聞いた」の意。お釈迦様の教えを一番よく聞いた。
ずっとお釈迦様の秘書役だったこの人は、十大弟子中一番の超ハンサムで女性たちに人気がありました。いつもお釈迦様のそばで教えを聞いていたのに、なかなか悟れなかったのは、やはり女性問題が多くて煩悩が消えなかったからでしょう。

▲普賢菩薩

(ふげんぼさつ サマンタバドラ)
仏の理法・修行の面を象徴する菩薩です。文殊菩薩とともに釈迦如来の脇侍で、一切菩薩の上首として常に仏の教科・済度を助けるともいいます。

▲文殊菩薩

(もんじゅぼさつ マンジュスリ)
仏の智慧(般若)を象徴する菩薩で、特に般若経で説かれます。諸菩薩の上首とされ普賢菩薩とともに釈迦如来の脇侍で仏の左側に侍します。