歴史・文化

津山鉄道の魅力 ~駅舎紹介~

津山には、「津山まなびの鉄道館」をはじめ、鉄道にまつわる魅力あるスポットが数多く存在します。駅舎を巡るもよし、鉄道イベントに参加するもよし、津山ローカル線の魅力を過去の取材記事を振り返りながらご紹介します。

津山鉄道リスト

津山まなびの鉄道館イメージ

高野駅

>因美線 高野駅
取材時期
2016年5月頃

岡山県津山市高野本郷にある因美線の駅です。駅舎はあるものの現在は無人駅となっています。

美作滝尾駅

>因美線 美作滝尾駅
取材時期
2016年5月頃

映画「男はつらいよ」シリーズ最終作、寅次郎紅の花の冒頭に登場したロケ地としても有名な駅です。

三浦駅

>因美線 三浦駅
取材時期
2015年5月頃

駅舎はなく待合所のみの駅です。「桜に包まれる駅」として知られ人気の撮影スポットとなっています。

美作加茂駅

>因美線 美作加茂駅 
取材時期
2016年5月頃

岡山県津山市加茂町桑原にある駅。昔懐かしい赤い円筒形の郵便ポストが駅入り口に立っています。

知和駅

>因美線 知和駅
取材時期
2016年5月頃

1931年(昭和6年)開業、現在も当時の駅舎がそのまま使われています。秘境駅ランキングにもランクイン。

美作河井駅

>因美線 美作河井駅
取材時期
2016年5月頃

岡山県の最北端に位置する駅です。近代化産業遺産に認定を受けた手動転車台が有名です。

院庄駅

>姫新線 院庄駅
取材時期
2018年6月頃

1923年(大正12年) 作備線として津山駅 - 美作追分駅間が開業した際に設置されました。

美作千代駅

>姫新線 美作千代駅
取材時期
2018年6月頃

1923年(大正12年) 開業。切妻屋根の外観は、当時の典型的な地方駅の特徴がそのまま残る駅舎です。

坪井駅

>姫新線 坪井駅
取材時期
2018年6月頃

1923年(大正12年) 開業。以前あった駅舎は現在はなく、簡易待合所のみが設置された無人駅です。

美作江見駅

>姫新線 美作江見駅
取材時期
2016年5月頃

昭和9年開業。全体構造はほぼ旧状を留める味わいある駅です。駅舎は映画などにも使用されています。

東津山駅

>姫新線/因美線 東津山駅
取材時期
2016年4月頃

1928年(昭和3年) 国有鉄道因美南線として美作加茂駅 - 当駅 - 津山駅間が開業した際に設置されました。

津山口駅

>津山線 津山口駅
取材時期
2016年5月頃

1898年(明治31年) 中国鉄道本線が開通した当時、津山駅を名乗った旧ターミナル駅です。

亀甲駅

>津山線 亀甲駅
取材時期
2018年1月頃

亀をモチーフにした外観が特徴的な駅舎です。他にも亀を模った銅像や小物、玩具類が展示されています。

誕生時駅

>津山線 誕生寺駅
取材時期
2016年4月頃

1898年(明治31年)、中国鉄道本線(現在の津山線)開業時に設置された駅です。

弓削駅

>津山線 弓削駅
取材時期
2016年5月頃

1898年(明治31年)開業。当時の駅舎が現在も使用され、「岡山県下最古の木造駅舎」とされています。

建部駅

>津山線 建部駅
取材時期
2015年5月頃

岡山ー津山間のほぼ真ん中に位置する駅です。開業以来の木造駅舎が残り、2006年には国の登録有形文化財となりました。

恋山形駅

>【番外編】恋山形駅
取材時期
2018年5月頃

駅名に「恋」がつく全国に4つしかない駅の内の1つで、全面ピンク色の駅というこで有名になりました。

恋山形駅

>【番外編】吉ヶ原駅
取材時期
2018年2月頃

同和鉱業片上鉄道の駅として開業。1991年、鉄道路線廃止に伴い廃駅、現在は鉱山資料館の一部として公開されています。

津山鉄道の魅力 ~取材記事~

津山には、「津山まなびの鉄道館」をはじめ、鉄道にまつわる魅力あるスポットが数多く存在します。駅舎を巡るもよし、鉄道イベントに参加するもよし、津山ローカル線の魅力を過去の取材記事を振り返りながらご紹介します。

津山まなびの鉄道館

津山城(鶴山公園)

tsuyamajyo_title_bn.png

西日本随一の桜の名所として知られる津山城は春には千本の桜が咲き乱れ、多くの人が花見に訪れます。また、新緑の頃の藤、秋の紅葉、雪景色と共に石垣が生み出す風景は四季を通じて訪れる人の目を楽しませてくれます。建物は明治7年に取り壊されましたが、広島城、姫路城に次いで日本で3番目に櫓が多い平山城です。

津山城のみどころ

津山城の石垣

kakuzan_ishigaki.jpg

地上から45mに及ぶ、美しく立派な石垣は一見の価値あり!

西日本有数の桜の名所

kakuzan_sakurameisyo2.jpg

城内に咲き乱れる満開の桜を石垣の上から見下ろすと、まるで桜の雲海のようです。

備中櫓

kakuzan_bicchu.jpg

唯一再建され、内部は全室畳敷きという特徴を持っています。津山城御朱印販売中。

天守閣跡と多門櫓

kakuzan_tamon.jpg

天守を囲むように存在した多門櫓。津山市内を一望できる眺望もおススメです。

再建された備中櫓では津山城の御朱印を販売中。来城の記念にGETしよう!
●津山城御朱印:各300円(税込)
右/登城御朱印「鶴丸」
左/登城御朱印「鶴丸松平葵紋」

gosyuin.png

津山城の歴史を知ろう

在りし日の津山城の天守閣

siro_arishihi.jpg

明治7年に取り壊されてしまった天守閣の在りし日の姿をご覧いただけます。

津山城・津山の城下町

tsuyama_jyoukamachi.jpg

1604年(慶長9年)から約60年かけて完成した城下町、津山。

津山城外濠跡(市指定史跡)

shiro_gaigouato.jpg

津山市街地で津山城の土塁の中で往時を偲ぶことができる唯一の櫓門。

史跡津山城跡 発掘調査

shiro_hakkutsu.jpg

人々の生活の証しである、瓦や陶磁器の破片も出土しました。

四季を通じて楽しめる津山城

津山城のイベント

★お土産は「津山観光センター」で!
津山の観光案内パンフレットをはじめ、津山銘菓からジビエの缶詰、地酒まで津山の特産品やお土産がたくさん揃っています。
1階には津山のお肉屋さん直営店「~城下町肉処~ 櫓 城下店」もあり、津山名物のお肉料理がいただけます。
レンタサイクルもありますよ!
[津山観光センター]
津山市山下97-1 TEL:(0868)22-3310

kankosenta.jpg

■ 基本情報

津山城(鶴山公園)

住所 岡山県津山市山下135
TEL 津山市観光協会:0868-22-3310
鶴山公園:0868-22-4572
営業時間 8:40~19:00(4~9月)
8:40~17:00(10~3月)
※さくらまつり期間中
7:30~22:00
備中櫓 9:00~入館16:30
※さくらまつり期間中
9:00~入館18:30
定休日 12/29~31
駐車場 普通車30台 バス6台
(津山観光センター)
入園料 大人300円(中学生以下無料)
これより以前の記事