ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

DD16形ディーゼル機関車

senkei-27.jpg

DD16形ディーゼル機関車
 軌道構造の弱い簡易線に投入する機関車は、軸重が12トン以内に制限されている。そのためDD13形やDE10形を入線させることができなかった。そこで、C56形など軽軸重蒸気機関車と置き換えるために開発されたのが、全長12mのDD16形である。DD51形初期形のエンジンDML61形を出力800PS/1,330rpmに抑え、最高速度を75km/hとした。25km/hで走行した場合、10‰で約400トン、25‰170トン、33‰では100トンの牽引が可能である。1972(昭和47)年から1974年の間に65両製造され、大糸線を皮切りに、四国を除く全国に配置された。そのうちの4両は1979(昭和54)年から1983年にかけて除雪用に改造され300番台となり、飯山線と大糸線で使用された。DD16-304は2015(平成27)年8月、金沢総合車両所から津山に来た。(2016年7月24日、11月1日撮影)

senkei-29.jpgsenkei-23.jpg

扇形機関車庫東側から北に向かうと出会えます。

ラッセル5.jpgラッセル6.jpg

こちらが顔でしょうか?

senkei-22.jpgsenkei-25.jpg

連結部分

senkei-21.jpgラッセル1.jpg

横から覗く

ラッセル2.jpgdd16-1.jpg

DD16形ディーゼル機関車               (2017.2.11)