2019年05月

津山鉄道の魅力 ~駅舎紹介~

津山には、「津山まなびの鉄道館」をはじめ、鉄道にまつわる魅力あるスポットが数多く存在します。駅舎を巡るもよし、鉄道イベントに参加するもよし、津山ローカル線の魅力を過去の取材記事を振り返りながらご紹介します。

津山鉄道リスト

津山まなびの鉄道館イメージ

高野駅

>因美線 高野駅
取材時期
2016年5月頃

岡山県津山市高野本郷にある因美線の駅です。駅舎はあるものの現在は無人駅となっています。

美作滝尾駅

>因美線 美作滝尾駅
取材時期
2016年5月頃

映画「男はつらいよ」シリーズ最終作、寅次郎紅の花の冒頭に登場したロケ地としても有名な駅です。

三浦駅

>因美線 三浦駅
取材時期
2015年5月頃

駅舎はなく待合所のみの駅です。「桜に包まれる駅」として知られ人気の撮影スポットとなっています。

美作加茂駅

>因美線 美作加茂駅 
取材時期
2016年5月頃

岡山県津山市加茂町桑原にある駅。昔懐かしい赤い円筒形の郵便ポストが駅入り口に立っています。

知和駅

>因美線 知和駅
取材時期
2016年5月頃

1931年(昭和6年)開業、現在も当時の駅舎がそのまま使われています。秘境駅ランキングにもランクイン。

美作河井駅

>因美線 美作河井駅
取材時期
2016年5月頃

岡山県の最北端に位置する駅です。近代化産業遺産に認定を受けた手動転車台が有名です。

院庄駅

>姫新線 院庄駅
取材時期
2018年6月頃

1923年(大正12年) 作備線として津山駅 - 美作追分駅間が開業した際に設置されました。

美作千代駅

>姫新線 美作千代駅
取材時期
2018年6月頃

1923年(大正12年) 開業。切妻屋根の外観は、当時の典型的な地方駅の特徴がそのまま残る駅舎です。

坪井駅

>姫新線 坪井駅
取材時期
2018年6月頃

1923年(大正12年) 開業。以前あった駅舎は現在はなく、簡易待合所のみが設置された無人駅です。

美作江見駅

>姫新線 美作江見駅
取材時期
2016年5月頃

昭和9年開業。全体構造はほぼ旧状を留める味わいある駅です。駅舎は映画などにも使用されています。

東津山駅

>姫新線/因美線 東津山駅
取材時期
2016年4月頃

1928年(昭和3年) 国有鉄道因美南線として美作加茂駅 - 当駅 - 津山駅間が開業した際に設置されました。

津山口駅

>津山線 津山口駅
取材時期
2016年5月頃

1898年(明治31年) 中国鉄道本線が開通した当時、津山駅を名乗った旧ターミナル駅です。

亀甲駅

>津山線 亀甲駅
取材時期
2018年1月頃

亀をモチーフにした外観が特徴的な駅舎です。他にも亀を模った銅像や小物、玩具類が展示されています。

誕生時駅

>津山線 誕生寺駅
取材時期
2016年4月頃

1898年(明治31年)、中国鉄道本線(現在の津山線)開業時に設置された駅です。

弓削駅

>津山線 弓削駅
取材時期
2016年5月頃

1898年(明治31年)開業。当時の駅舎が現在も使用され、「岡山県下最古の木造駅舎」とされています。

建部駅

>津山線 建部駅
取材時期
2015年5月頃

岡山ー津山間のほぼ真ん中に位置する駅です。開業以来の木造駅舎が残り、2006年には国の登録有形文化財となりました。

恋山形駅

>【番外編】恋山形駅
取材時期
2018年5月頃

駅名に「恋」がつく全国に4つしかない駅の内の1つで、全面ピンク色の駅というこで有名になりました。

恋山形駅

>【番外編】吉ヶ原駅
取材時期
2018年2月頃

同和鉱業片上鉄道の駅として開業。1991年、鉄道路線廃止に伴い廃駅、現在は鉱山資料館の一部として公開されています。

津山鉄道の魅力 ~取材記事~

津山には、「津山まなびの鉄道館」をはじめ、鉄道にまつわる魅力あるスポットが数多く存在します。駅舎を巡るもよし、鉄道イベントに参加するもよし、津山ローカル線の魅力を過去の取材記事を振り返りながらご紹介します。

津山まなびの鉄道館

津山ホルモンうどんMAP

「津山ホルモンうどん」を提供しているお店をご紹介。津山ホルモンうどん研究会に所属している安心・安全なお店です。 お店ごとのおいしさを是非食べ歩いてみてください。

お好み焼き 三枝

極上のホルモンだからできる塩味もあり!

mie_tenpo.jpg
住所 津山市上河原441-5
時間 11:30~14:00、17:00~21:00
日曜・祝日/11:30~15:00
TEL 0868-23-3972
定休日 月曜日(祝日の時は翌日)
駐車場 あり

➋お好み焼き メイト

手作りの味噌たれを使ってます。

daikoku.jpg
住所 津山市山北444-6
時間 11:00~20:00
TEL 0868-22-6585
定休日 不定休
駐車場 あり

➌肉・魚・鍋 Dai黒

ホルモンにほどよい秘伝のタレ味です。

daikoku.jpg
住所 津山市南新座6-1
時間 11:30~23:00
土・日・祝日/11:30~24:30
TEL (0868)24-3888
定休日 不定休
駐車場 あり

➍料理王国

特製みそダレで味付けしています。

ryourioukoku_tenpo.jpg
住所 津山市美濃町5
時間 18:00~24:00
TEL 0868-24-8319
定休日 月曜日
駐車所 なし

❺海鮮焼肉 七厘家

自家製だれとの相性バツグンの一品。

shichirin_tenpo.jpg
住所 津山市大手町8-11 大手町ビル1F
時間 18:00~27:00
金曜・土曜/18:00~28:00
TEL 0868-24-1781
定休日 日曜日
駐車場 なし

❻農家レストラン 食遊館

プリプリのホルモンとタレの絶妙なコラボ

shokuyukan_tenpo.jpg
住所 津山市宮尾563-1
時間 10:00~16:00
物販は9:30~18:00
TEL 0868-57-7234
定休日 第1月曜日(祝日の時は翌日)
駐車場 あり

➐~城下町肉処~櫓 城下店

津山食肉処理公社から直送の新鮮なホルモンです。

yagura_tenpo.jpg
住所 津山市山下97-1
時間 11:00~15:00
土・日・祝日/11:30~24:30
TEL 0868-22-2959
定休日 なし
駐車場 あり

➑お好み焼き みさき

ホルモンとタレとうどんの相性バツグンです。

misaki_tenpo.jpg
住所 津山市久米川南2563-5
時間 11:00~19:30
TEL 0868-57-8840
定休日 水曜日
1月1~3日、8月15日
駐車所 あり

➒焼肉ハウス アチャコ

当店自慢のたれで焼きました。一度ご賞味ください。

achako_tenpo.jpg
住所 津山市川崎197
時間 11:00~14:00、17:00~22:00
TEL 0868-26-1833
定休日 火曜日
駐車場 あり

➓くいしん坊

ホルモンとタレが麺に絡んで激うま!!

kuishinbo_tenpo.jpg
住所 津山市川崎138-2
時間 11:00~15:00、17:00~24:00
TEL 0868-26-1958
定休日 火曜日
駐車場 あり

⓫橋野食堂

自家製のタレで焼くホルモンうどんは絶品です。

hashino_tenpo.jpg
住所 津山市川崎549-9
時間 10:00~19:00
TEL 0868-26-0502
定休日 水曜日
駐車場 あり

お好み焼き よしむら

味、ボリューム、野菜たっぷり大満足!

yoshimura_tenpo.jpg
住所 津山市高野本郷1431-3
時間 11:30~14:00、16:00~19:30
(火曜は14:00LO)
土・日・祝日/11:00~19:00LO
TEL 0868-26-1880
定休日 水曜日
駐車所 あり

御食事処 たかくら

自家製手打うどんを使用、40年使い続ける自家製のタレ。

takakura_tenpo.jpg
住所 津山市下高倉西1810-1
時間 11:00~14:30、17:00~21:00
TEL 0868-29-2549
定休日 第4・5日曜日
駐車場 あり

⓮焼肉 五月

うどんの腰とみそダレの相性が良いです。

satsuki_tenpo.jpg
住所 津山市新野東1151-1
時間 17:00~22:00
TEL 0868-36-2337
定休日 月曜日
駐車場 あり

⓯石川屋

秘伝のゆずダレ是非ご賞味ください!

ishikawa_tenpo.jpg
住所 津山市上村1442
時間 11:00~20:00
TEL 0868-29-3208
定休日 水曜日
駐車場 あり

⓰いっぱい茶屋 東宝

長年のゆずみそダレに野菜入りのサッパリ味

toho_tenpo.jpg
住所 津山市南町1-30
時間 11:00~13:30、17:00~22:00
TEL 0868-22-2938
定休日 日曜日

⓱KITAYAMA(岡山市)

岡山市内でもホルモンうどんが食べられます。

kitayama_tenpo.jpg
住所 岡山市北区幸町8-8
時間 17:00~24:00
TEL 086-233-0911
定休日 日曜日
駐車場 なし

サムハラ神社 ~パワースポットへ行こう!~

samu_title_bn.png

平成最後の初詣は"神様に呼ばれた者しか行けない"とも言われている「サムハラ神社」へと足を延ばしてみました。 津山市加茂町にある「サムハラ神社」は、大阪にある「サムハラ神社」の奥の宮として知られ、全国から参拝者が訪れる人気のパワースポットです。 サムハラ神社へ続く道はわかりづらいですが、看板を目印に進んでください。

samu_kanban.jpg

まずは、結界スポットと呼ばれる場所へ

samu_kekkai.jpg

奥の宮へ上がる階段の下には結界スポットがあります。数本の竹にしめ縄が張ってあり、神聖な雰囲気です。 車を停められる場所もありますので、是非ここも参拝されるとよいと思います。
※現在、ここから奥の宮への階段は上がれなくなっています。

金毘羅さんへお参り

駐車場から坂道を上がると、金毘羅神社が見えます。振り返れば「サムハラ神社」なのですが、まずは金毘羅さんからお参りしました。

★詳しい記事はこちら
「加茂の金刀比羅神社」
https://www.e-tsuyama.com/report/2011/07/post-175.html

samu_konpira_honden.jpg

サムハラ神社 奥の宮へ

金毘羅さん奥の坂道を登っていくと、道が二つに分かれています。その右側の道を下っていくと、とても古い階段があり、その上に古いお社があります。 そう、これが「サムハラ神社 奥の宮」です。 石段が壊れていて危険なため、階段下にある石碑のところにお賽銭を奉納させていただきました。

★詳しい記事はこちら
「サムハラ神社奥の宮(旧鎮座地)」
https://www.e-tsuyama.com/report/2017/12/post-1476.html

samu_oku01.jpg
samu_oku02.jpg

展望台からは加茂の町が一望できます

金毘羅さん奥の坂道を、奥の宮とは反対に左の道を上ると、展望台にたどり着きます。
視界が開けた先には、大きな楠。パワーをいただきたい!と楠に寄り添ってみました(*^-^*)
展望台に上ると、自然いっぱいの加茂の町や雪をかぶった山々を見渡すことができました。
心がなごむ、美しく懐かしい景色です。

★詳しい記事はこちら
「日詰山頂上の大きな木(加茂町)」
https://www.e-tsuyama.com/report/2017/12/2017622.html

samu_tenbou01.jpg
samu_tenbou02.jpg
samu_tenbou03.jpg
samu_tenbou04.jpg

お待ちかねのサムハラ神社へお参り

最後にサムハラ神社へお参りです。 お社前にある丸い部分に痛いところや良くなりたいところを当てるとよいと言われているらしいので、丸い部分を触ってみました~(^^♪

★詳しい記事はこちら
「サムハラ神社(加茂町中原)」
https://www.e-tsuyama.com/report/2015/09/post-974.html

samu_samu01.jpg
samu_samu02.jpg
samu_samu03.jpg
samu_samu04.jpg

サムハラ神社お参り後は、日生直送カキ使用「カキオコ」で〆!

サムハラ神社の帰りに、「カキオコ」で人気の「お好み焼き ひなせ」へ立ち寄ってみました。
このお店で使われているカキは11月中旬から3月末まで、カキの生産が全国でもトップクラスの岡山県日生港から直送されているそうです。
人気店だけあり少し待ち時間がありましたが、お店が川沿いののどかな場所にあり、景色を眺めながらゆったりとした気持ちで待つことができました。
人気メニューのカキオコとネギ焼きを注文。カキが一番美味しいと言われる1月という時季もよかったのか、カキオコにはぷりっぷりのカキがたっぷり使用されており、大満足でした。

samu_hinase01.jpg
samu_hinase03.jpg
samu_hinase02.jpg
samu_hinase04.jpg
samu_hinase05.jpg

■ 基本情報

お好み焼き ひなせ

住所 岡山県津山市加茂町中原83-22
TEL 0868-42-5030
営業時間 午前11時~午後7時
定休日 不定休
駐車場 あり

★あなたにおすすめの記事

津山メシ レシピ「ホルモン焼き(ホルモンうどん)」

horu_recipi_title_bn.jpg

ビールのおつまみに!休日のお昼ごはんに!ざくっと切って、パパッと炒めて簡単に出来る津山メシ!津山の人たちが愛してやまない「ホルモン焼き」と「ホルモンうどん」のレシピをご紹介します。

■材料(2人分)

●日笠農産さんのホルモン/お好みで
(一口大より少し大きめに)
●長ねぎ/1本(斜め切り)
●玉ねぎ/1個(くし形切り)
●ホルモン焼きのたれ(辛口)
●ホルモンうどんにする方は「うどん/2玉」ご用意ください
※にんにくも一緒に炒めるとさらにおいしい!

horu_zairyo.jpg

作り方

【 1 】

フライパンを強火で熱し、熱〜くしてホルモンをジュ〜!!と炒めましょう。
油は引かなくてOK!
油が出過ぎたらキッチンペーパーなどで吸い取ってください。

horu_recip_01.jpg

【 2 】

ホルモンの色が変わったら長ねぎと玉ねぎを加え、強火のまま手早く炒めます。

horu_recip_02.jpg

【 3 】

野菜にも油がまわり、少し色づいてきたら、ホルモン焼きのたれをまわし入れ、炒め合せます。
ホルモンうどんならここで分岐!【5】

horu_recip_03.jpg

【 4 】

全体にたれがしっとりと行き渡ったら完成!!ぶち、カンタン!

horu_recip_04.jpg

うどんをプラスすれば「ホルモンうどんに早変わり!」

【 5 】

ホルモン焼きの作り方【3】の時に、ホルモン焼きのたれを下味程度に加えて炒め合せうどんを加えます。

horu_recip_05.jpg

【 6 】

ホルモン焼きのたれを加え、全体を混ぜ合わせながら炒め、全体に火が通ったら完成!!

horu_recip_06.jpg

簡単で美味しい"津山メシ"レシピ、今回は「ホルモン焼き(ホルモンうどん)」でした!是非おうちでも作ってみてくださいね。

津山名物 津山ホルモンうどん

horumon_ime.png horu_chara.png

津山ホルモンうどんに歴史あり

良質なブランド和牛の産地である中国地方は、和牛の放牧にとても適した気候で、津山一帯も昔から農耕用として和牛の飼育が盛んでした。食肉牛としての需要も高まり食肉加工や卸業が増える中、通常は捨てていた副産物のホルモンが、鉄板焼きのお店を中心に美味しい料理として徐々に広まるようになり、ホルモンうどんも岡山県津山市の定番メニューとして定着していったのです。

ushi.jpg

ホルモンはうどんとの相性が抜群!

ホルモンは、「鉄分・カルシウム・ビタミン」などの栄養がとっても豊富で、赤身よりもローカロリーでヘルシーなお肉。 ホルモンから出る独特な旨味がうどんの麺と絡み合い、さらに深みのあるタレとベストマッチ。ビールとの相性も抜群です!お店ごとに個性溢れるホルモンうどん。 ジュジューという音と共に辺りに広がるあのなんとも香ばしい香りがたまりません!

horu_itame_ime.jpg

知るほど美味しい!津山ホルモンうどん

「コラーゲンたっぷり」「普通のお肉と比べて低カロリー」など、巷で話題のホルモンですが、みなさんはどのくらい「ホルモン」についてご存知ですか?お店に行っていざ注文の時、「ハチノス」や「センマイ」といった聞き慣れない単語ばかりでいったいどれを注文してよいのか解らないといった経験がある方も多いと思います。 そこで今回は専門家の方から、各部位のオススメポイントを伝授していただきました。

horu_bui.png
hachinosu.png
hatsu.png
senmai.png
shocho.png
techan.png

●情報提供:橋野食堂様
●部位提供:日笠農産様

kenkyu_banner.jpg 津山ホルモンうどん研究会公式HP


津山城(鶴山公園)

tsuyamajyo_title_bn.png

西日本随一の桜の名所として知られる津山城は春には千本の桜が咲き乱れ、多くの人が花見に訪れます。また、新緑の頃の藤、秋の紅葉、雪景色と共に石垣が生み出す風景は四季を通じて訪れる人の目を楽しませてくれます。建物は明治7年に取り壊されましたが、広島城、姫路城に次いで日本で3番目に櫓が多い平山城です。

津山城のみどころ

津山城の石垣

kakuzan_ishigaki.jpg

地上から45mに及ぶ、美しく立派な石垣は一見の価値あり!

西日本有数の桜の名所

kakuzan_sakurameisyo2.jpg

城内に咲き乱れる満開の桜を石垣の上から見下ろすと、まるで桜の雲海のようです。

備中櫓

kakuzan_bicchu.jpg

唯一再建され、内部は全室畳敷きという特徴を持っています。津山城御朱印販売中。

天守閣跡と多門櫓

kakuzan_tamon.jpg

天守を囲むように存在した多門櫓。津山市内を一望できる眺望もおススメです。

再建された備中櫓では津山城の御朱印を販売中。来城の記念にGETしよう!
●津山城御朱印:各300円(税込)
右/登城御朱印「鶴丸」
左/登城御朱印「鶴丸松平葵紋」

gosyuin.png

津山城の歴史を知ろう

在りし日の津山城の天守閣

siro_arishihi.jpg

明治7年に取り壊されてしまった天守閣の在りし日の姿をご覧いただけます。

津山城・津山の城下町

tsuyama_jyoukamachi.jpg

1604年(慶長9年)から約60年かけて完成した城下町、津山。

津山城外濠跡(市指定史跡)

shiro_gaigouato.jpg

津山市街地で津山城の土塁の中で往時を偲ぶことができる唯一の櫓門。

史跡津山城跡 発掘調査

shiro_hakkutsu.jpg

人々の生活の証しである、瓦や陶磁器の破片も出土しました。

四季を通じて楽しめる津山城

津山城のイベント

★お土産は「津山観光センター」で!
津山の観光案内パンフレットをはじめ、津山銘菓からジビエの缶詰、地酒まで津山の特産品やお土産がたくさん揃っています。
1階には津山のお肉屋さん直営店「~城下町肉処~ 櫓 城下店」もあり、津山名物のお肉料理がいただけます。
レンタサイクルもありますよ!
[津山観光センター]
津山市山下97-1 TEL:(0868)22-3310

kankosenta.jpg

■ 基本情報

津山城(鶴山公園)

住所 岡山県津山市山下135
TEL 津山市観光協会:0868-22-3310
鶴山公園:0868-22-4572
営業時間 8:40~19:00(4~9月)
8:40~17:00(10~3月)
※さくらまつり期間中
7:30~22:00
備中櫓 9:00~入館16:30
※さくらまつり期間中
9:00~入館18:30
定休日 12/29~31
駐車場 普通車30台 バス6台
(津山観光センター)
入園料 大人300円(中学生以下無料)

横野 手漉き和紙体験~上田手漉和紙工場~

美作一宮中山神社付近から谷に向かって次第に深く入っていくと、横野滝からの清流に育てられた「紙郷」上横野に横野和紙の手漉き工場「上田手漉和紙工場」があります。

ueda_7daime2.jpg▲7代目の上田康正さん/1日に300枚漉かれるそうです。

横野手漉き和紙は美作地方で採れる原料のミツマタを使い、強くて美しい光沢、加えて野性味のある素材さなど 国際的にも高く評価されています。
手漉き和紙は金箔の間に挟む箔合紙 (はくあいし)として多くが京都や金沢へ出荷されています。 金箔の伝統工芸にとって横野の和紙は大変貴重なもの。仕上がった金箔を1枚ごとに挟む紙で切り紙とも呼ばれ、金箔をこの箔合紙に挟んでおくといつまでおいても紙に箔が付着することなく、混じりが入り難い特性をもっています。
昭和30年代には紙漉き屋が8軒あったそうですが、今は3軒だけになってしまったそうです。
現在も伝統工法を守る上田手漉和紙工場では、紙漉きの見学や手すき体験(要予約)ができるので、自分だけの和紙づくりに挑戦してみよう!
情報提供:上田手漉和紙工場

wash_arai.jpg

冷たい水でミツマタを洗う

wash_arai2.jpg

朝8時から約2時間の作業

wash_age.jpg

川から上げて乾かす

wash_arai3.jpg

黒皮を剥いでまた洗う

wash_hoshi.jpg

乾かしたものを使用する

wash_kasane.jpg

紙を漉き、重ねていく

wash_hagashi.jpg

絞られた紙床を剥がす

wash_harituke.jpg

干し板に貼りつけ乾かす

■主な製品

箔合紙、便箋、和籖、封筒、ハガキ、巻紙、懐中紙、和帳、写経用紙、色紙、短冊、半紙(仮名書用)

washi_seihin.jpg

手漉き和紙体験

半紙の2倍の大きさの和紙漉き体験ができます。

漉きあがった和紙は乾燥したものを送ってもらえます。
●料金/630円
●開催日/毎週土曜日
 10:00~12:00、13:00~16:00
★1週間前までに要予約

rekishi_makimono.pngのサムネイル画像

源流をたどれば、欽明天 皇16年(555)に吉備五郡(今の県北津山地方)に白猪屯倉(しらいのみやけ)がおかれ、 住民の戸籍がつくられました。戸籍や田籍をつくるのに紙が造ら れはじめたといわれます。 正倉院文書によると美作紙は神亀5年(728)のころ、紙名のついた11か国の中に入りました。 国府に直結した紙郷といわれる所で、現在残っているのが7か所となりました。津山市上横野はその1つです。 美作紙の名は中世、近世を通しよく知られるようになりましたが、現在はこの上横野以外は姿を消しました。 上横野は津山の中心に近いのですが、美作一宮中山神社付近から谷へと次第に深く入ったところにある 奥の滝からの清流に育てられた紙の里です。 現在でも原料のミツマタの産地としては大蔵省印刷局 納入日本一です。 箔合紙づくりの特産地として、よく知られていますが、 初代上田長吉は文化年間に津山松平家の御用紙を漉くことを拝命、以来上田繁男さんが6代目を継承し、 横野和紙の技法を守っておられます。(手すき和紙図

ueda_san.jpg

▲6代目 上田繁男さん
(津山市重要無形文化財)
「いつまでもその伝統を
守り続けてゆきたいと
思っています。
ご支援のほどお願い
申し上げます。」


ueda_ie.jpg

DATA
上田手漉和紙工場

津山市上横野1874 TEL.0868-27-0960
●営業時間/紙漉き体験(土曜日)10:00~12:00、13:00~16:00
●休日/日曜日
●交通アクセス/中国自動車道津山IC・院庄ICから車で約30分
●駐車場/あり
●ホームページ/http://www.city.tsuyama.lg.jp/s/index2.php?id=1744

日帰り温泉~真庭エリア~

maniwa_baner.png

蒜山ラドン温泉 休暇村蒜山高原

肌にしっとり残る天然温泉。温泉展望大浴場からも蒜山三座のパノラマや牧場風景を眺めることができます。

kyukamura_hiruzenonsen.png

●料金/大人500円 小人(4歳以上)300円
●時間/日帰り入浴 11:00~18:00、毎週火曜日 15:00~18:00
●休み/無休

〈お問合せ先〉真庭市蒜山上福田1205-281 TEL:0867-66-2501


蒜山やつか温泉「快湯館」

全国でもトップクラスの天然ラドン温泉。広々した大浴場をはじめ、サウナ・ジャグジー・水風呂などがあり、なんといっても自慢は大露天風呂!!
四季折々の風情にとけこんだ満点の風情をお楽しみ頂けます。

kaiyukan_hiruzen.png

●料金/大人740円 小人(小学生以上)420円
●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)
●時間/10:00〜22:00(受付は〜21:15)※12〜3月は〜21:00(受付は〜20:30)

〈お問合せ先〉真庭市蒜山上長田2300-1 TEL:0867-66-2155


蒜山なごみの温泉 津黒高原荘

ジェットバス完備の大浴場、津黒山を見渡せる展望風呂、家族風呂、身障者用風呂、サウナがあります。アルカリ単純泉のラジウム温泉です。

tsugurokougensou.png

●料金/大人600円 小学生420円、幼児140円
●時間/11:00〜20:00(受付は〜19:30)※火曜日は16:00〜 ●休み/不定休

〈お問合せ先〉真庭市蒜山下和1081-1 TEL:0867-67-2221


湯原温泉露天風呂 砂湯

湯原温泉の原風景で昔そのままの天然の露天風呂です。川底の砂を噴き上げながらお湯が湧いている事から「砂噴き湯:砂湯」と呼ばれています。地元の皆さんにより管理され無料で開放されています。

sunayu.png

●料金/無料 ●時間/24時間(水曜日と第1金曜日のみ午後)●休み/無休


〈お問合せ先〉真庭市湯原温泉湯元


湯原温泉元湯 湯本温泉館

湯原温泉の中央にあり、サウナやジャグジー、身障者や高齢者用の浴槽、家族風呂もあります。弱アルカリ単純泉でお肌に良い美人の湯です。


yumotoonsen.png

●料金/大人600円 小人300円 ●時間/10:00〜23:00(受付は〜22:30)●休み/無休

〈お問合せ先〉真庭市湯原温泉23 TEL:0867-62-2039


下湯原温泉 ひまわり館

下湯原温泉は平成元年1月、地下27mから湧出した湯原温泉郷で最も新しい温泉。
全国でも珍しいペット専用の露天風呂があります。

himawarikan.png

●料金/大人420円 小人210円
●時間/10:00〜22:00(受付は〜21:30)※冬期10:00~21:00(受付は~20:30)
●休み/不定休

〈お問合せ先〉真庭市下湯原24-1 TEL:0867-62-7080


足温泉 足温泉館

とくに切傷、皮膚病に効能があると伝えられ、長期間滞 在する湯治客が多く、旅館も昔ながらの風情をそのまま残しています。


ashionsen.png

●料金/大人420円、小人210円、家族風呂(1時間以内3人まで)
●時間/7:00〜22:00 (受付は〜21:30) ●休み/無休

〈お問合せ先〉真庭市都喜足346-1 TEL:0867-62-2966

-----------------------------------------

日帰り温泉~津山エリア~

tsuyama_baner.png

湯の里 瀬戸川温泉

ゆっくり・のんびり・癒される 天然温泉。日頃から疲労やストレスにお悩みの方は
「瀬戸川温泉」でごゆっくりとおくつろぎください。

setogawa.png

源泉名
泉温

湧出量
泉質
無色透明
成分

瀬戸川温泉
16.9℃

26ℓ/分(動力)
冷鉱泉(低張性アルカリ性冷鉱泉)
殆ど無臭

ナトリウムイオン・カリウムイオン・カルシウムイオン

●料金/大人600円(サウナ付き) 小人300円 
●時間/7:00~24:00 ●休み/年中無休

>詳しくはこちら

〈お問合せ先〉〒708-0323 岡山県苫田郡鏡野町寺元425-9  TEL(0868)54-4118


極楽の里 えびす乃ゆ

極上の至福で、えびすのカ顔。ココロもカラダも、ほっこり・湯〜ったり癒しの空間でリフレッシュ。温泉(人工)お風呂、銭湯、サウナ、健康、マッサージ、お食事、露天風呂で癒しの空間をお楽しみ下さい。

ebisuyu.png

●料金/大人(中学生以上) 600円、中人(小学生) 200円 
    小人(0~6才) 100円、70才以上 500円
●時間/10:00~24:00(受付は23:30迄)

>詳しくはこちら

〈お問合せ先〉708-0842 岡山県津山市河辺1091-1 TEL(0868)26-1919
〈ウェブサイト〉 https://tsuyamasentou.wixsite.com/ebisunoyu


のとろ温泉  天空の湯

標高700mの大自然に包まれたロケーションで四季折々の美しい自然に包まれた温泉です。

tenkunoyu.png

●料金/大人600円 小人300円
●時間/10:00〜18:00(受付は~17:30)※冬期11:00~17:00(受付は~16:30)
●休み/月曜日(祝日の場合は翌日)

〈お問合せ先〉苫田郡鏡野町富西谷2091-10 TEL:0867-57-2006


かみさいばら温泉 国民宿舎 いつき

中国山脈の大自然に抱かれ、湯の谷川のせせらぎを心地よく聞きながら、山間から涌き出る天然温泉です。

itsuki.png

●料金/大人600円 小人300円 ●時間/11:00〜20:00(受付は〜19:30)●休み/無休

〈お問合せ先〉苫田郡鏡野町上齋原437-1 TEL:0868-44-2331


かみさいばら温泉 クアガーデンこのか

加水なしの源泉100%。
1Fに「岩井の湯」、2Fには「森の湯」と趣異のお湯場をお楽しみいただけます。


konoka.png

●料金/大人600円 中学生以下300円
●時間/10:00〜20:00(受付は〜19:30)※冬期は11:00~ ※第2水曜日のみ16:00〜
●休み/無休

〈お問合せ先〉苫田郡鏡野町上斎原446-1 TEL:0868-44-2281


奥津温泉 花美人の里

美肌効果が高く、神経痛や不眠症にも効果がある天然温泉です。


hanabijin.png

●料金/大人720円 小人360円
●時間/10:00〜19:00(受付は〜18:00)
土・日・祝日のみ10:00〜20:00(受付は〜19:00)
●休み/第2木曜日(メンテナンス等により臨時休業あり)

〈お問合せ先〉苫田郡鏡野町奥津川西261 TEL:0868-52-0788


もえぎの里 あば温泉

のどかな自然環境とすべすべの温泉の湯が自慢の秘湯です。


abaonsen.png

●料金/大人500円、小人200円 ●時間/11:00~21:00 ●休み/水曜日

〈お問合せ先〉津山市阿波1200 TEL:0868-46-7111


加茂百々温泉 めぐみ荘

"美肌づくりの湯"として古くから親しまれている温泉です。病後の保養にも適しています。


megumisou.png

●料金/大人500円 小人250円 ●時間/10:00~21:00(受付20:40)
●休み/第2・4月曜日(祝日の場合は翌日)


〈お問合せ先〉津山市加茂町小中原143 TEL:0868-42-7330



-----------------------------------------