ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

津山城下町「雛めぐり」エンゼルホールの様子

c5.jpg

▲旧津山藩松平家に伝わる由緒ある雛であり、大名家の雅と風格を偲ばせます。松平家の祖廟「愛山」の守護職であった旧藩士山本家が拝領したもので、初めての公開です。(山本家蔵)


2011年3月3日(木)~6日(日)※エンゼルホール(ソシオ一番街)で3月7日(月)まで開催されました。期間中エンゼルホールでは江戸時代の雛、松平家から拝領した品、江戸時代の打ち掛け、松平家姫君のものを展示。また、11:00と15:00には琴の演奏、13:00からはピアノ三重奏ドリーマーコンサートがあり、見て楽しんで素敵な時が過ごせました。

c21.jpgc4.jpg

2011年3月5日(土)ピアノ三重奏ドリーマーコンサートがありました。▲河野先生のポスター

c14.jpgc9.jpg

▲お雛様の衣裳が素敵です。

c8.jpgc2.jpg

▲江戸時代の打ち掛け(松平家姫君のもの)    ▲おいらんの姿の雛様もいました。

文人墨客扇面張り合わせ屏風(江戸時代後期)(作州維新文庫蔵)

主に幕末の文人や画人などの扇面書画が集められ、一双の屏風に仕立てられている。谷文晁・松村月渓・僧月僊・春木南溟・岸岸駒・柴田義董・西山拙斎・頼春木・頼杏廟秤など当時の著名な人々の作品が張り合わせられている。

c12.jpgc11.jpg

▲お道具箱も豪華です。

c10.jpgc13.jpg

▲いろいろなお雛様が拝見できました。

c18.jpgc15.jpg

▲当日はお茶のお接待もありましたよ。

c6.jpgc3.jpg

▲びょうぶも古いものだそうです。c17.jpg