ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

津山人 【陶芸家】天狗寺 陶白人氏

425512_.jpg

 天狗寺 陶白人(てんぐうじ とうはくじん)さんは、岡山県苫田郡加茂町出身の陶芸家で、( 岡山県津山市にある山、天狗寺山が名前の由来だそうです。)
 天狗寺さんは、「美作地方(津山市綾部の土)の土単味でつくる」窖窯研究・美作土の造形研究38年だそうです。また絵画(洋画、日本画)、篆刻・彫刻・書・山水画・陶芸品の制作など多才な方で、いつもニコニコ笑顔が印象的な方です。お邪魔したときは、窯出し後で、焼きあがった作品がずらりと並んでいました。取材2012年11月6日

天狗寺 陶白人さんのプロフィール
2012 沖縄県 那覇市立壺屋焼物博物館企画個展
2011 岡山県 奈義町現代美術館企画個展
    鳥取県 重要文化財石谷家企画個展
2008 第25回 茶の湯の造形展
2005 第3回現代茶陶展
    第22回 茶の湯の造形展
    2005大滝村北海道陶芸展
    第17回 抹茶茶碗コンテスト『奨励賞』受賞
2004 第16回 織部の心作陶展
2003 第15回 織部の心作陶展
    第20回 茶の湯の造形展
2001 世界工芸コンペテション金沢
    第13回 織部の心作陶展
    金沢わんon大賞展
1998 第2回 益子陶芸展
1997 第8回 使ってみたい北の菓子器展 『大賞』受賞
    岡山県美術展 『地域奨励賞』受賞
    国際色絵陶磁器フェア79九谷
1996 第5回 バレンタイン美術展 『バレンタイン賞』受賞
    第7回 使ってみたい北の菓子器展
1995 現代茶陶展
1991 中国ガラスアート展1991
1990 第2回 しんわ美術展 『努力賞』受賞
1989 第18回 長三賞陶芸展
    第1回 しんわ美術展 『特別賞』受賞
1985 第2回 茶の湯の造形展
1980 天狗寺 陶白人の号を賜る
1974 天狗寺窯開窯Tenguuji Factory Of Artで働く
1972 藤川デザイン学院を卒業
1968 津山工業高等学校を卒業
1951 誕生日: 1951年2月16日

前.jpg母屋.jpg

昔懐かしいわらぶき屋根で、工房は裏山の大自然の中にあります。

天狗寺2.jpg顔.jpg何.jpg柿1.jpg

何でしょうか?面白い顔が出迎えてくれました。縁側にはお母さんの作られた沢山の吊るし柿が干してありますが、昔はもっと沢山吊るしておられたそうです。

薪2.jpgキウイ.jpg

薪が積んである風景はいいものですね。自宅から裏山へと登っていくとキウイが沢山なっています。そしてその下にはテーブルがあり、ちょっとした憩いの場になっています。


531200.jpg35905.jpg

天狗寺さんの作品。しっとりとした素敵な器たちです。

416852_.jpg602580_.jpg311654_.jpg

沢山のセンスが溢れた作品があります。


417391.jpg

釜2.jpg釜5.jpg釜1.jpg

窖窯三基です。

作品5.jpg作品.jpg

焼きあがった作品

沸かす.jpg箱.jpg

美味しいお茶を入れていただきました。お茶請けの金平糖が懐かしかったです。

一輪挿し.jpg天狗寺1.jpg金平糖.jpg

窯出しの作品を手にとって説明をしてくださる天狗寺さん。

さざんか.jpgゆず.jpg石うす.jpgひいらぎ.jpg

山茶花や柚子も彩りよく美しい。また、庭に下りるとヒイラギの花が当たり一面匂っていました。ここは、とても風情がいいところです。

11月28日(水)から岡山高島屋、2013年2月広島天満屋、4月東京小田急百貨店の各個展に向けて制作にいそしんでる天狗寺さんをお訊ねしました。

岡山県津山市加茂町行重・Tel、fax0868−42−2331