2010.10.17(日)大隅神社の秋祭り

800_7.jpg
▲大隅神社のお神輿2010.10.17(日)
このお神輿は神輿は天保13年(1842)に造られたもので、黄金に光る神輿は、造られてから一度も塗り替えていなかったのですが、今年170年ぶりに修復された大神輿が18年ぶりに担がれました。
「18年ぶりに担ぐのでどんな重さなのか、どこで休憩できるか分からない」とのアナウンスあるほど久々だったそうです。

800_4.jpg800_5.jpg800_6.jpg800_8.jpg
▲鳥居をくぐるのも慎重にゆっくり、ゆっくりと。       ▲眩い黄金のお神輿
800_3.jpg800_9.jpg

大隅神社は、森忠正公が津山城の鬼門の守護神とて崇敬された神社です。

大隅神社の門は、もと津山城内にあった門で、明治8年、津山城を取り壊した際に移築し、大隅神社の神門として使用されるようになったものです。津山城鬼門守護・大隅神社の神輿は津山市の重要有形民俗文化財。

800_10.jpg800_11.jpg
▲城東地区の荒神曲がりでお休みでした。
800_1.jpg800_2.jpg
▲城東地区
800_12.jpg800_13.jpg800_14.jpg800_15.jpg

 だんじりは午後零時20分~文化財7台を含む11台のだんじりが練り歩く。
(兼田、川崎、太田、玉林、東松原、古林田、東新町、西新町、上之町7丁目、中之町、勝間田町)
2009年の様子 だんじり展示館 大隅神社の神輿 「大隅神社の秋祭り」2008 城東地区の小路

800_17.jpg800_16.jpg800_18.jpg800_19.jpg
▲2010年のだんじり一部
IMG_9082.JPGchirashi.jpg