ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

妙法山 経王寺(津山市下野田)

7.jpg

 山号は妙法山、日蓮宗・日蓮宗津山妙法寺の末寺でした。『下野田誌』によれば、本尊は三宝尊・宗祖尊像です。天正(1573~92)のころ、宇喜多氏の老職をつとめた岡豊前守家利が植月中村(現勝央町)小山の堡(宮城城)に住み、元亀時代(1570~73)に討ち死にした親せきや家来の菩提を弔うため、京都の日蓮宗妙顕寺に請願して宮山城跡の下に寺を建立し、妙法山経王寺と号しました。そののち本寺を下野田村に移転しました。(勝北町誌「神社と寺院」より)2012年9月28日・10月2日取材

10.jpg2.jpg

径王寺山門

1.jpg22.jpg

境内

19.jpg4.jpg

境内

3.jpg6.jpg

本堂と庫裏

21.jpg20.jpg

綺麗に整えられた境内と山門

12.jpg11.jpg

駐車場附近

13.jpg14.jpg

歴代住職の墓

15.jpg17.jpg

16.jpg23.jpg

和尚と径王寺附近の景色