ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

「秋の風の音ミニコンサート!」は美しい調べでした。

zenin3.jpg

▲2012年11月4日(日)14時~ 鏡野ペスタロッチ夢ホールにおいて、秋の風の音コンサートが開かれました。誰かが「やさしい、澄んだ音色で、背中を撫でられているようね。」と言っていました。聞こえてきた音は、本当に優しく、演奏される方の心が澄んでいるからだろうなと感じたコンサートでした。(情報提供:風の音コンサート岡山・津山)

川嶋.jpgkawashima.jpg

▲ダウン症の女性ピアニスト 川嶋絢さんは、津山市在住の21歳。5歳からピアノを始めました。昨年美作高校を卒業後、「ヒルズ」で毎週日曜日演奏をしています。身長はおよそ130センチ。手の大きさは、成人女性の半分ほど。音符が読めないなどのハンディがありながらも、2009年にはカナダのバンクーバーで開かれた、ピアノのパラリンピックともいわれる「国際障害者ピアノフェスティバル」に出場。また、先月、台湾で開かれた「台日国際障害者ピアノコンサート」にも出演するなど、国内だけでなく国外にもその活動を広げています。

「演奏を聴いた人達が元気になってくれたらうれしい」と話す川嶋さんです。

岡野貞一作曲 大谷文彦編曲 ふるさとによるファンタジー

レイバッハ作曲 ノクターン変イ長調


床次1.jpg床次2.jpg

▲床次佳浩さんは、大阪府在住の20歳。5歳からピアノを始めましたが、小学4年生の時に脳の手術で、右半身まひになります。しかし、その後もピアノを諦めず、猛練習を重ね、今は左手のピアニストとして、国内外で活躍しています。床次さんも。2009年にカナダで開かれた「国際障害者ピアノフェスティバル」に出場。先月、台湾で開かれた「台日国際障害者ピアノコンサート」にも出演しています。また、すべての音楽家が目指す、音楽の殿堂ともいわれ、プロのピアニストでも舞台に立つことが難しいとされる、アメリカ・ニューヨークのカーネギーホールでの演奏も果たされています。

現在は、左手だけでどれだけ音楽が出来るのか、音楽でどれだけ伝えられるのかを研究中という床次さん。

バッハ作曲 平均律クラヴィーア曲集より 第1巻 第1番プレリュード

スクリャービン作曲、左手のための2つの小品 プレリュードとノクターン


小林2.jpg小林.jpg

▲小林淳一さんは、東京都在住の24歳。5歳からピアノを始めたそうです。補聴器なしでは全く聞こえないほど重度の難聴だそうですが、指先に伝わってくる振動や空気中の音を感じて、演奏しているそうです。

これまで、ピアノパラリンピック関連の大会で多くの芸術賞や金賞を受賞。また、アメリカ・ニューヨークの国連本部やカーネギーホール。タイやカナダ、先月の「台日国際障害者ピアノコンサート」にも出演されています。些細な音色に定評がある小林さんです。

マスネ作曲 タイスの瞑想曲

サティ作曲 三つのノクチュルヌ(夜想曲)より、第1番と第3番

ショパン作曲 夜想曲 第20番 ハ短調遺作

リスト作曲「パガニーニによる大練習曲」より第3番 ラ・カンパネラ


篠原.jpg篠原0.jpg

▲篠原加代子さんは、倉敷市在住の42歳。幼い頃、交通事故で左手の親指と人差し指を失いましたが、ご両親の反対を押し切ってピアノを始めます。オクターブが届くよう指のストレッチをするなど、沢山の努力を積み重ね、作陽音楽大学を卒業。現在も会社勤務のかたわら、子どもたちにピアノを教えているほか、カナダで開かれた「国際障害者ピアノフェスティバル」やカーネギーホールでのコンサートなど数多くの演奏会に出演されています。

ガシューイン作曲の The Man I Love

ガシューイン作曲の I Got  Rhythm

シベリウス作曲の、樅の木


futari.jpgfutari2.jpg

▲会場内に拍手大喝采が起こりました。

gen.jpgkitagawa.jpg

▲受付で募金箱をもつみなさん。
(風の音コンサート実行委員会では、障害者ピアニストの自立を目標に、来年度に向け、活動を続けています。)