ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

無量山 極楽寺(津山市加茂町)

極楽寺1.jpg

極楽寺縁起
 当寺は宇野にあって、無量山極楽寺と号し、真言宗古義派高野山理性院の末寺で、阿弥陀如来を本尊とする。開山は行基(668~749)と 伝えられる。もと字寺内にあって寺内山法幢寺と号していたが、元禄年中(1688~1703)に現在地宇野に移り新御堂山極楽寺と改め、のちさらに無量山 と山号を改めた。
 本尊阿弥陀如来像は、文政十二年(1829)に平城京真浄和上を開眼導師とし、妙法院(京都、三千院ー筆者)宮御内花房兵衛を 供養壇主として再興奉献されたもので、木造仏であり、三十三年毎開扉の秘仏である。また、三尊阿陀画幅は、古絹に三尊来迎図を描いたもので、京都、三千院 来迎仏にそっくりの名作である。また境内には直径4.6メートル、樹齢300年のカヤの木がある。(加茂町史 より)

極楽寺.jpg山門1.jpg

無量山 極楽寺の山門

看板.jpg石.jpg随身門1.jpg随身門.jpg

案内板                           仁王様

鐘楼.jpg境内5.jpg

鐘楼                            境内

境内6.jpg境内2.jpg境内1.jpg庫裏.jpg

境内

本堂.jpgかやのき.jpg

本堂                            カヤの木

かや1.jpgかや.jpgイチョウ.jpgitefu.jpg

名木百選 極楽寺のカヤ                イチョウの木

 このカヤは、当寺が今から約二九〇年前この地に建立されたが、すでに大木でそびえていた。昭和三〇年までは雄木と雌木があったが、現在では雄木だけが残っている。この木の材は、碁盤、将棋盤として、最高の材で貴重樹木である。また、果実は食用、薬用、食用油もとれる。推定樹齢380年、目通り4.5m、樹高28.0m

観音堂.jpg護摩堂.jpg

観音堂                           護摩堂

堂.jpg毘沙門堂.jpg

                                 毘沙門堂