ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

道祖谷山 宝蔵寺(津山市加茂町)

sanmon.jpg

宝蔵寺
 当寺は斉野谷にあって、道祖谷山宝蔵寺と号し、天台宗比叡山延暦寺の末寺であり、本尊は大日如来である。貞観二年(860)慈覚大師円仁の開基と伝えられる。文化十二年(1815)頃には、無住寺で本堂四間四面南向、庫裏四間半八間、鐘堂、長屋、鎮守山王権現小などを残すのみであったが、「東西百間余、南北二百間余」の広い境内や、東林房、安養房、惣門などの旧跡が残存し、かつての大寺の面影を残していた(『東作誌』)。
二尺七寸の本尊大日如来坐像、脇立の不動明王と毘沙門天はいずれも作者不明であるが、文化十二年(1815)に『東作誌』に記録されているものであろう。(加茂町史より)2012.12.13取材

案内石.jpg地蔵1.jpg

 入り口                         六地蔵

山門3.jpg山門4.jpg山門01.jpg山門02.jpg

山門の彫り物

本堂1.jpg本堂2.jpg

本堂

彫り物4.jpg彫り物1.jpg彫り物2.jpg彫り物3.jpg

本堂の彫り物

宝蔵寺鐘楼.jpg宝蔵寺鐘.jpg

鐘楼

境内.jpg宝蔵寺庫裏1.jpg宝蔵寺庫裏.jpg宝蔵寺鉢.jpg

境内

庫裏2.jpg階段.jpg

庫裏

宝蔵寺神様.jpg宝蔵寺地蔵.jpg

▲堂宇に古石佛(不動尊とクンピーラ)を祭祀

金比羅(こんぴら)様は、本来は薬師如来の十二神将の筆頭・宮比羅大将(インドでは クンピーラで、ガンジス河のワニの神名)のことで、般若守護十六善神の一に数えられる守護神で、仏典では竜王で、蛇体として考えられた。

宝蔵寺さくら.jpg宝蔵寺塔.jpg

宝蔵寺のヤマザクラ

 宝蔵寺は、貞観二年(860年)の建立で、道祖谷山 宝蔵寺と号し、今から約三百年前に中興された。本樹は中興以後に生育したものと思われ、幹は地上5mのところから双幹となっている。花の時期は4月中旬が見頃で、満開の時は見事である。

推定樹齢:250年、目通り:4.0m、樹高:24.0m(看板より)2012.12.13取材


郷土記念物 宝蔵寺の森

宝蔵寺の歴史は古く、貞観二年(860年)に慈覚大師円仁により開基されたと伝えられています。境内には、本堂の脇にある推定樹齢250年、目通り周囲4mのヤマザクラをはじめ、推定樹齢100年以上のスギ、ヒノキ、アラカシなど19本が混生して、およそ6アールの森を形成しています。また、地元からは鎮守の森として親しまれ、地域の人々により大切に管理されています。