「愛される時間」北川宏人 ~津山とのきずな~

14.jpg

北川宏人氏講演会10月8日(月・祝)15:00~17:00にグリーンヒルズ津山・リージョンセンター ペンタホールでありました。

「愛される時間」北川宏人 ~津山とのきずな~展が2012年9月29日(土)~2012年11月28日(水)、棟方志功・柳井道弘記念館(M&Y記念館) 1F展示室で開催されています。

北川宏人氏のプロフィール
1967年滋賀県大津市に生れる
1989年金沢美術工芸大学彫刻科卒業
1998年カラーラ・アカデミア美術学院彫刻科卒業
個展:奈義町現代美術館(1998)、ミラノ日本領事館(2002)、新宿高島屋美術画廊(2007)、東京画廊+BTAP(2008)、誠品画廊(台湾・2010)、GANT ART(韓国・2011)等
グループ展:「進化」(レーゲンスブルグ・ドイツ・1999)、「もうひとつの楽園」(金沢21世紀美術館・2005)、「工芸の力-21世紀の展望」(東京国立近代美術館工芸館・2007)等
パブリックコレクション:金沢21世紀美術館、東京国立近代美術館工芸館・津山市

4.jpg5.jpg6.jpg8.jpg

会場のリージョンセンターはそろそろ紅葉が始まり、清々しい。

9.jpg13.jpg

リージョンセンター入り口には北川宏人さんの作品があり、会場内に入ると既に大勢の人が駆けつけておられました。

3.jpg16.jpg

棟方志功・柳井道弘記念館(M&Y記念館)松田館長の挨拶に続いて、北川さんの講演が始まりました。

hakobu2.jpghakobu3.jpghakobu4.jpghakobu5.jpg

上の作品が完成までの説明です。また、テラコッタとは焼き物と言う意味だそうです。

北川宏人さんの20代の想い出は、イタリアへの留学(イタリアの作家が好きだったので)と学資金を稼ぐために津山の工業団地でアルバイトして、またイタリアへ渡るの繰返しだったそうです。

30歳になった時、父のススメで親子展をくらやさんでやった。これが日本で初めての個展になった。それから作品をお金に換えて生きていこうと思った30代。

sakuhin5.jpg15.jpg01.jpgsakuhin4.jpg

時代を追って作品の紹介がなされました。

1.jpg12.jpg

《スーパーガール》イタリアから日本に帰り、NHKの10代の若者が自由にしゃべる番組「しゃべり場」を見て若者に興味を持った。未熟だけど、新しい少女をスーパーマンに仕立てたのがスーパーガールだっただそうです。

sakuhin1.jpgsakuhin.jpg17.jpg19.jpg

バブルがはじけ、人間の内面を見るようになった。イチローなどがニュータイプ少年の実像。《ニュータイプ》機動戦士ガンダムの中で初めて使われた言葉。

sakuhin3.jpg18.jpg

ファッションにあまり重きを置いていなかったが、イタリアでは形そのものを追及していた時代から、日本の今を切り取れば1900年代には無いものがある。世の中が動いているのを作品で表すようになったのだそうです。作風が変っていく過程が講演でよく解りました。

sakuhin2.jpg20.jpg

妖怪と東北の地震をイメージして作った作品だそうです。

vd.jpg10.jpg

イタリアの嘗て暮らしていたアパートを訪ねたときのビデオな等を観賞しました。当時の住んでいた場所や懐かしい人との出会いを通して、イタリアと日本を往復しながら苦労した話も聞かせていただきました。


hiroto2.jpghiroto1.jpghiroto6.jpg

北川さんのプロフィール

hiroto3.jpghiroto4.jpghiroto5.jpg

「愛される時間」北川宏人 ~津山とのきずな~ 作品展

hiroto7.jpghiroto8.jpghiroto9.jpg

作品には持っている人の作品に対する思いがそれぞれに付いていて、津山市民に愛されている様子がわかります。

津山の人達が持っていた26作品(楽焼作品3体、ブロンズ作品3体、テラコッタ作品20体)が展示されています。

棟方志功・柳井道弘記念館 (M&Y記念館)
〒708-0814 岡山県津山市東一宮13-8
TEL/FAX 0868-27-3239 


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。