ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

第16回津山武道祭が行われました。

ue.jpg
2012年7月1日(日)津山総合体育館にて第16回津山武道祭が行われました。
 第16回津山武道祭(主催/津山市体育協会、主管/津山武道学園.・総合武道館建設推進委員会)が1日、津山市山北の津山総合体育館で開かれた。武道8団体が一堂に会し、アリーナいっぱいに気迫のこもった模範演武を行った。
 津山市体協に属する合気道、空手道、弓道、剣道、柔道、少林寺拳法、相撲と、銃剣道の招待選手や指導者、体協関係者ら約600人が参加。
 模範演武は団体ごとにあり、日ごろの稽古で磨いた技や試合の様子などを、解説を交えて解りやすく紹介。今回は、大阪から沖縄又吉古武道連合会大阪堺守札館の8名による棒術や三節棍(さんせつこん)の形など招待演武もあった。(文:合気道連盟より

1.jpg2.jpg
 開会式では、小坂田昌平市体協会長、藤田長久武道学園学長が「総合武道館の建設を目指し、それそれの武道を極めながら、力を合わせていこう」とあいさつした。
12.jpg14.jpg
「千原の釵」センハラノサイ                                棒術約束組み手
16.jpg18.jpg
トウンクワ二段の型                                        三節棍の型
沖縄の演武、サイ(棒術)、トンファー(三節棍)



「銃剣道 招待」
bu600_170.jpg
銃剣道
6.jpg7.jpg9.jpgて.jpg



津山弓道連盟
弓1.jpg

人に勝つよりも「誠」を尽くすことがより大切であり、敬愛の心で他と接し弓道が教えてくれる躾や慎み、和敬、克己、反省等の徳目を体得することです。そして、このことが日常生活につながり、人生をより豊かにすることが、弓道修練の目的であります。

弓.jpgyumi.jpg4.jpg5.jpg



津山剣道連盟
64.600_170.jpg
津山剣道連盟からは津山剣道教室に所属している教室生が、日頃の稽古を披露しました。

 津山剣道連盟は津山市および苫田郡の剣道愛好家による、剣道を通じて健全なる心身の育成、相互の親睦、融和を目的に作られた団体です。

剣.jpg剣2.jpg剣5.jpg21.jpg



津山合気道連盟
61.600_170.jpg
合気道連盟は普段の稽古風景、青帯の演武に続き、有段者による基本の技、太刀・丈/短刀取りの演武を行いました。
22.jpg25.jpg27.jpg30.jpg



津山空手道連盟
170_600.jpg
「空手は礼に始まり、礼に終わる」 常に礼儀を正して、こつこつと稽古を続け、空手を一生の友にすることが、やがて大きな成果を生むこととなるでしょう。
63.jpg34.jpg37.jpg41.jpg



津山少林寺拳法連盟
65.jpg
中学生団体演武を披露。多くの観客の前で堂々と大きな気合でがんばってくれ、終わった後は大きな拍手もいただきました。友情出演してくれた、美作林野道院の高校生コンビ(今年の全国大会への出場が決まってます)山本-小阪田組が迫力ある演武を見せてくれました。
42.jpg47.jpg51.jpg46.jpg



津山柔道連盟
jyudo3.jpg
津山少年柔道教室津山道場、福岡道場、河辺道場で武道祭に参加しました。柔道の参加者は約40名。今年度、中国大会を連覇した作陽高校柔道部の高校生(美作地区出身者)も技を披露してくれました。
57.jpg55.jpg54.jpgぶ2.jpg
次回の武道連盟の行事は1月6日(日)合同稽古始めを予定しています。
(写真提供:津山市、協力:津山合氣会 仁木富士夫さん、コメントは各HPより抜粋)
当日の様子は津山武道学園HPでご覧ください。