高貴山自性院 華蔵寺(美咲町)

kezouji7.jpg

第十六番 高貴山自性院 華蔵寺
  かわいらしいお地蔵さんに迎えられ、百観音のお砂踏みをしながら蓮の台に運ばれていきます。仁王さまの厳しい眼差しに身を引き締めながら山門(鶴山城より移築)をくぐると、十二支八体仏のご本尊さまと連山の眩しい緑をバックに、燃えんばかりと咲き誇る霧島つつじの大木にまず目を奪われます。
 華蔵寺は、弘仁六年(815)弘法大師の開かれた高貴山宗傳寺が前身となります。宗傳寺は文安元年(1444)尼子の兵火に罹り堂塔悉く焼失しましたが、唯 塔頭「自性院」のみ南麓に下りて草庵を結び、難を免れた聖観世音菩薩を本尊とし、高貴山華蔵寺と号して宗傳寺の法灯を連綿と継承しております。
 本堂には美作結縁灌頂にてご縁を結んでいただいた両界曼荼羅がお祀りされております。
 本堂をあとに振り返ると泉水には悠々と泳ぐ大きな錦鯉たち...奥には本格的なお茶室が静かにたたずんでいます。
 お大師さまのお招きに歩みを裏山へ進めると、四国八十八ヶ所お砂踏み霊場が続いており、山頂には阿弥陀さま(第十五番宗傳寺)がお待ちになっておられます。(文:『高野山真言宗美作八十八ヶ所霊場』より)

kezouji1.jpgkezouji3.jpg

全景です。

kezouji4.jpgkezouji5.jpg

立派な藤棚があります。

kezouji6.jpgkezouji8.jpg

境内です。

kezouji9.jpgkezouji11.jpg

本堂です。

kezouji12.jpgkezouji13.jpg

本堂の中です。

kezouji10.jpgkezouji14.jpg

境内の様子です。

kezouji17.jpgkezouji15.jpg

参道です。                   春には奇麗に藤の花が咲くでしょうね。

kezouji18.jpgkezouji19.jpg

ご住職がお見送りに来てくださいました。      四季ザクラが咲いていました。
(2019年10月14日撮影)


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。