ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

曹洞宗 夢中山 幻住寺(久米郡美咲町北)

genouji.jpg

幻住寺(げんじゅうじ)曹洞宗美作観音霊場第三番

ここは「玄住寺郷土自然保護地域」に昭和50年5月20日岡山県から指定されている所で自然がいっぱいです。この地域は、幻住寺山(標高510m)にある幻住寺を中心とする地域で、全域にわたって急峻な地形を呈し、流紋岩を母岩とする土壌が分布しています。
幻住寺は、後醍醐天皇の命名といわれ、奈良時代に建立されたと伝えられる由緒ある禅宗寺で、作州南部の三大名刹の一つとされています。

 寺の背後には、スダジイ、アカガシなどの巨樹が点在する常緑広葉樹を主体として、落葉広葉樹を混交する原植生に近い自然度の高い樹林が形成され、寺院と一帯となって、すぐれた自然環境をとどめています。(文:岡山県看板より)2014年6月8日・9日取材

gen27.jpggen26.jpg

山門の両脇には仁王様

gen1.jpggen30.jpg

階段の両脇に色とりどり咲いたサツキの花が満開でした。

gen21.jpggen22.jpg

ため息がでるほど綺麗いに咲いたサツキの花

gen23.jpggen24.jpg

種類もいろいろサツキの花

gen7.jpggen19.jpg

鐘楼の前にも沢山のサツキ

gen8.jpggen6.jpggen5.jpggen12.jpg

幻往寺は曹洞宗美作観音霊場第三番です。

gen10.jpggen3.jpg

幻住寺の手入れの行き届いたお庭に咲いたサツキ

gen13.jpggen15.jpggen20.jpggen4.jpg

幻住寺の手入れの行き届いたお庭に咲いたサツキ

gen17.jpggen18.jpg

庫裏もとても立派です。

kanban.jpggen2.jpg

幻住寺(げんじゅうじ)由緒

 昔、後醍醐天皇が幕府により隠岐島に流された。その道中、津山の院庄に一週間程滞在された。ある夜、夢枕に老僧が立ち、「私は西の方角にある髻山の僧です」といい、「ご落胆なさいますな」と励まし、「きっと救われましょう」といって消えた。天皇は翌朝目を覚まされ、供の者にこのことを話され、さっそく供の者を西方にあたる髻山(もとどりやま)に行かせたところ、古寺があり、昨夜の夢に出た僧が住んでいたという。天皇は、その後、島を脱出する事に成功し、京にもどることができたが、夢の中に出た髻山の僧を厚くもてなされ、夢中山の号と山林田畑と伽藍を御下賜になり、寺に菊の紋の使用を許されたという。幻住 寺の創立は大同四年(809)、と聞くが戦火と失火により二回も焼失している。現在の建物は、文政年間(1818~29)のもので、最初の位置より少し下へ降ろして再建されている。髻山頂上付近には昔の寺屋敷跡が残っている。現在の本堂には、伝説を裏付けるかのように、菊の紋入りの棟瓦が使用されている。 (旭町誌より)

gejyuji_kawra.jpggenjyuzi03.jpg

夢中山 幻住寺、岡山県久米郡美咲町北