ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

笠場山福聚院 普門寺

fumonji13.jpg

笠場山福聚院 普門寺 縁起
 木版略縁起によれば、「作州真嶋郡笠場山普門寺は往昔弘仁七年(816)吾弘法大師始めてこの山にあそび精修勤念したまう時に、祥瑞嶺上にあつまり閃光渓道に映ずるを観て、師深く求法の勝地なる事をさとり、ついに即ち本尊聖観音、不動、毘沙門の三尊並びに仁王の像を彫刻し、伽藍僧舎を草創して秘密瑜伽の道場をおこしたまう。しかるに、去る乱世の頃、仏閣ことごとく兵火に炎焼するといえども、彼の尊は泥中に入りて焼失したまう事なし。まことに上求菩提下化衆生の尊像なり。」とある。
 当時、普門寺周辺には、松本坊、一乗坊、中坊、新蔵坊の他数十戸の民家があり、耕地が開けていた。当山鎮守として、熊野三所権現を歓請し、北に大山を遙拝して信徒諸地より雲集していた。なお、本堂は寿永二年(1183)春、享保八年(1723)に再建され、辻氏安兵衛秀勝氏によって再建された記録もあり、現在の建物は、明治二十八年(1895)秋に再建されたものである。
常内に安置されている龍の彫刻(干ばつ時雨乞いの祈祷に用いた)は元禄二年(1689)当時の欄間である。(文:石碑より)(2017年5月14日取材)

fumonji2.jpgfumonji3.jpgfumonji12.jpg

笠場山福聚院 普門寺の山門近く

fumonji16.jpgfumonji1.jpg

シキザクラ 「四季桜」
一年のうちに数回の花を咲かせることから、四季桜と名付けられている。また、仁王門の傍らにあることから、地元では仁王桜ともいう。
 秋は10月上旬から咲き初め、12月上旬まで咲いている。特に、11月中は、紅葉と桜を同時に楽しむことができ、春の花見とは異なる趣がある。平成14年3月 真庭市(説明板より)

fumonji14.jpgfumonji22.jpg

説明 普門寺仁王門 (真庭市指定文化財〔建造物〕)
 天和元年(1681)建立で、本造二層構造。桁行三間、梁間二間、屋根は入母屋造り本瓦葺きの三間一戸の桜門である。上層には銅鐘をつるし、下層には一対の金剛力士像を安置する。
 高欄、下層の板壁、抜き、本柱の一部、前間の床板については後補である。
(文:説明板より)

fumonji19.jpgfumonji21.jpgfumonji20.jpg

一対の金剛力士像

2017-05-14 148.JPG2017-05-14 142.JPG

本堂                      第二十八番霊場

fumonji24.jpgfumonji23.jpg

                         本堂にある杉の木が美しい

fumonji26.jpgfumonji27.jpg

客殿

fumonji25.jpgfumonji4.jpg

fumonji8.jpgfumonji9.jpgfumonji5.jpg

第二十八番霊場
所在地:〒719-3132 岡山県真庭市田原山上2127番地