本池美術館(鳥取県米子市)

2023-10-13motoike33.JPG

 2023年10月13日に津山市文化協会所属「津山ミューズクラブ」で、2021年に開館した鳥取県米子市にある本池美術館を訪ねてきました。
 世界的革工芸作家の本池秀夫さんが、地域文化功労者として文部科学大臣賞を受賞した美術館でもあります。まず、動物の作品が実物大の大きさなのに圧倒され、また、可愛らしいミニチュアの人形がコンセプトごとに並んでいて、小さなメリーゴーランドの様なお部屋があり、本池さんの手の器用さに驚きました。そのメリーゴーランドの様な作品の中に、津山市在住の方をモデルにした作品があり見せて頂きました。いつまでも眺めていたい美術館でした。

以下、文章は本池美術館リーフレットより転載させていただきました。


 本池秀夫は世界で唯一無二の革人形師です。幼少の頃から革を触ることでなぜか不思議と気持ちが落ち着いたという。革人形を作るきっかけは大学在学中旅したローマの骨董屋で出会った古い磁器人形の緻密さに感銘を受け、革であればさらにリアリティーを追求できるという思いでした。
以来、老人や子供の何気ない日常のひとコマを題材とした 「革の人形」や実在の動物を等身大で表現した「革の動物」など製作活動を展開しています。


2023-10-13motoike4.JPG2023-10-13motoike3.JPG

 「『革は動物の一部です。食用になった後、いわば廃物である「皮」が加工され「革」になります。そこに自らの感性や技術を活かし、新たな「生」を吹き込むのが私の仕事です。その興味は尽きることがありません。』
イタリア、東京、そして故郷である鳥取での創作活動も50年を迎え、この度美術館をオープンする運びとなりました。今まで誰も見たことのないような「革の世界」をお楽しみ下さい。」

2023-10-13motoike2.JPG2023-10-13motoike7.JPG

 「顔の木型を彫り、濡れた革を貼り付け、体温で乾かし、鼻に穴を開けると自然と小鼻の部分が生れます。口や目にあたる部分にに切り込みを入れ、革の厚みが本物の唇やまぶたのように見えてくる時、作品に「命」が宿るように感じられるのです。」

2023-10-13motoike8.JPG2023-10-13motoike20.JPG

1951 鳥取県米子市に生まれる。
1971 オリジナルブランド「 MOTO」設立。
1975 「アメリカ建国200年祭 ノーマン・ロックウェル展」に賛助出品し、
   翌年初の個展「本池秀夫の人形展」を開催。
1988 作品集「LEATHER DOLLS 老人と子供」(美術出版社)発行。
2009 米子市美術館25周年特別企画展「本池秀夫 革の世界」開催。以降全国で巡回展開催。
2013 テレビ朝日「徹子の部屋」出演。
2016 全国で初めて革工芸で県指定の無形文化財保持者に認定。
2021 MOTO設立50周年の節目として鳥取県に世界初のレザーアートミュージアム、「本池美術館」を開館。本池秀夫が世界的革工芸作家として地域文化功労者として文部科学大臣賞を受賞。
2023 本池美術館が米子市都市景観施設賞を受賞。
(上記の文:本池美術館リーフレットより転載)(2023年10月13日撮影)

2023-10-13motoike9.JPG2023-10-13motoike10.JPG

本池美術館内の展示の様子です。         ゴリラの親子がほほえましい。

2023-10-13motoike11.JPG2023-10-13motoike12.JPG

立派な角を持った鹿からゾウやキリンが実物大で展示してあります。

2023-10-13motoike13.JPG2023-10-13motoike14.JPG

ゾウをはじめとする等身大の「革の動物」達です。

2023-10-13motoike19.JPG2023-10-13motoike18.JPG

本池秀夫さんの説明を聞く津山ミューズクラブの皆さんです。

2023-10-13motoike17.JPG2023-10-13motoike16.JPG

迫力のある作品に圧倒されます。

2023-10-13motoike21.JPG2023-10-13motoike32.JPG

本池美術館内の作品説明をしてくださいました。

2023-10-13motoike30.JPG2023-10-13motoike22.JPG

本池美術館内の展示の様子です。随分、沢山の種類の革がアートになっています。

2023-10-13motoike23.JPG2023-10-13motoike24.JPG

息子さん達(本池大介、作人兄弟)の作品です。

2023-10-13motoike25.JPG2023-10-13motoike26.JPG

息子さん達(本池大介、作人兄弟)の作品です。

2023-10-13motoike28.JPG2023-10-13motoike29.JPG

本池美術館内にあるショップです。可愛いお土産もいっぱいです。

2023-10-13motoike6.JPG2023-10-13motoike31.JPG

本池美術館の隣にある本池秀夫さんの工房です。海外からの注文も多くて忙しいそうです。

motoike_o.jpgmotoike1.jpg

本池美術館リーフレットです。
撮影許可が頂けなかったのですがミニチュア人形のいる部屋に感動しました。

2023-10-13motoike34.JPG2023-10-13motoike1.JPG

鳥取県の景色が美しい。