ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

奈義町現代美術館

nagi10.jpg

この美術館は、通称Nagi MOCA(ナギ・モカ)と呼ばれ、わが国を代表する世界的な建築家磯崎新によって設計され、平成6年4月25日に開館しました。
 国際的に活躍されている荒川修作+マドリン・ギンズ、岡崎和郎、宮脇愛子の4人の芸術家に一般の美術館では収集不能とされる巨大作品をあらかじめ制作依 頼し、その作品、又その全体の空間を作家と建築家が話合い、美術館として建築化したもので作品を本尊にたとえれば建築家はそれに覆い屋を架けるという発想 から建てられた、いわば、作品と建物とが半永久的に一体化した、美術館です。  当美術館は、太陽、月、大地と名付けられた、外部からも明らかに認知出来るような形の3つの展示室から構成され、この土地の自然条件に基づいた固有の軸 線を持っています。「太陽」の軸は南北軸、「月」の平坦な壁は中秋の名月の午後10時の方向を指し「大地」の中心軸は、秀峰那岐山の山頂に向かっていま す。(文:奈義町現代美術館HP引用)(2014年8月26日取材)

nagi11.jpgnagi9.jpgnagi8.jpg

奈義町現代美術館の全景と前庭

nagi5.jpgnagi6.jpg

喫茶室から太陽、月、大地の展示室と同時に、借景の秀峰那岐山を望むことが出来ます。

nagi3.jpgnagi17.jpg

宮脇愛子作品「大地」の部屋

nagi1.jpgnagi14.jpg

ギャラリー

nagi2.jpgnagi18.jpg

ギャラリー

nagi20.jpgnagi21.jpg

荒川修作+マドリン・ギンズ作品
「太陽前室」の中央に傾いた黒く太い円筒が床から天井まで続いており螺旋階段となっている。

nagi23.jpgnagi24.jpg

荒川修作+マドリン・ギンズ作品
「太陽」は円筒形で8分の1だけ傾いて、軸は正確に南北軸と重なっています。

tsuki1.jpgnagi15.jpg

岡崎和郎の作品「月」の平坦な壁は中秋の名月の午後10時の方向を指しています。