ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

菩提寺の大イチョウ(奈義町)

nagi17.jpg

国指定天然記念物 菩提寺のイチョウ 昭和3年1月18日指定(2015年11月11日・20日取材)
 このイチョウは、浄土宗の開祖法然上人(幼名:勢至丸)が、仏教の手ほどきを受けるために、この菩提寺に入山の際、麓にある「阿弥陀堂の大イチョウ」の枝を杖にし、学業成就を願い挿し根付いたと云われる名木です。平成25年に奈義町教育委員会が行った樹勢診断調査の中で、「菩提寺のイチョウ」と「阿弥陀堂のイチョウ」そして隣り合って立つ「天明のイチョウ」は同じDNAを持つことが判明しました。この事は、記の育った環境を知り、今後の樹勢維持の検証するうえで貴重な発見となりました。皆さんもこの木を見上げ、900年の歴史に想いを馳せ、奇跡の生命力を感じていただければと思います。(樹高:40m、目通り幹囲:13m、樹齢:推定900年)

nagi20.jpgnagi18.jpg

今年はライトアップされたイチョウの木を見てきました。

nagi10.jpgnagi1.jpg

昼間は駐車場にあるもみじが綺麗に色づいてきれいでした。

nagi4.jpgnagi2.jpg

本堂と猫ちゃん

nagi7.jpgnagi9.jpg

この他、奈義町指定天然記念物の天明のイチョウ(平成25年8月7日指定)
 地元高円地区の古事を編纂した「美作高円史(昭和33年発行)」によると、江戸時代、天明年間に雪で半折れ状態になった枝が地面に触れ、根付いたと記録 されています。奈義町では2本並び立つ法然上人の緑のイチョウとして天然記念物に指定し、菩提寺のイチョウと併せて樹勢管理を図っています。(樹高:35.5m・目通り幹囲:4.2m、樹齢:推定230年)

nagi13.jpgnagi12.jpg

(文:案内板より)