旧片上鉄道吉ケ原駅駅舎(久米郡美咲町)

katagami17.jpg

旧片上鉄道吉ケ原駅駅舎 1)交通/鉄道 2)久米郡美咲町吉ケ原432-1 3)昭和6(1931)年
 片上鉄道は、柵原鉱山の鉱石を輸送するため、大正8年(1919)年に設立されました。大正12年1月に片上-備前矢田間を延長した後、昭和6年に柵原まで開通しました。鉱山鉄道としてのみならず、地方鉄道として住民にも利用されましたが、平成3(1991)年に廃止となりました。
 吉ケ原駅は三角屋根の洋館風駅舎で、保存もよく、現在は鉱山資料館の一部として公開されています。

katagami16.jpgkatagami15.jpg

 柵原ふれあい鉱山公園内には、片上鉄道保存会の管理によって、ディーゼル機関車・気動車・客車・貨車など11両が動態保存されていますが、戦前に製造されたキハ303とキハ702の気動車は、全国的にも稀少な車種です。(文:岡山県文化財保護協会発行『あなたの街の近代化遺産ガイドブック』より引用)

katagami27.jpgkatagami18.jpg

駅舎は国登録有形文化財(近代化遺産)

katagami32.jpgkatagami34.jpgkatagami3.jpgkatagami4.jpg

駅構内

katagami14.jpgkatagami13.jpg

待合室には、当時の雰囲気がとてもよく残っています。

katagami9.jpgkatagami12.jpgkatagami7.jpgkatagami28.jpg

待合室の天井

katagami10.jpgkatagami11.jpg

当時のまま残っている駅舎内部

katagami31.jpgkatagami29.jpg

当時のまま残っている駅舎

katagami21.jpgkatagami20.jpg

保存車両と軌道

katagami19.jpgkatagami22.jpg

                        トロッコ

katagami25.jpgkatagami23.jpg

保存車両

katagami2.jpgkatagami6.jpg

保存車両と軌道 (2018年1月21日撮影)

neko.jpgnouen7.jpg

駅長の写真集

fukuyama.jpgnouen35.jpg

2016年9月マンハントの撮影が行われたところです。

nouen9.jpgnouen8.jpgnouen4.jpg

この車両が使われたそうです。

unanoutsuwa.jpgnouen2.jpg

砂の器もここで撮影されています。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。