ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

〔谷崎潤一郎〕小野はるさんの離れに落ち着く

ura.jpg
昭和20年(1945) 5月15日 新聞記者で月田出身の岡成志の勧めで津山市八子の松平別邸に疎開。この間、岡氏は死去する。
6月 3日 岡未亡人から勝山に貸間があると知らせてくる。
6月 4日 土井武氏の案内で新町の小野はる氏の離れに決める。
7月 7日 勝山に着き、新町の小野家離れに谷崎夫婦と娘が入る。
後に妻松子の妹2人、松子の従兄弟らも疎開して、近くの呉服屋2階に住む。「細雪」の執筆に取り組む。原稿の写しを野崎益子女史が頼まれた。
食料の調達には福谷の須田伸治郎氏の世話になる。
中町の呉服店水島喜八郎氏と深く交流した。
下町の醤油業河本はな氏とも交際した。
8月13日 永井荷風が谷崎を訪ねてくる。15日には帰る。(疎開日記より)


旦酒店さんから伺ったお話

 勝山は水の綺麗なところで、昔は井戸水が綺麗だったので豆腐と酒を造っていました。酒屋も2軒ありましたが、今は辻さん1軒だけとなりました。それに宿も9軒ありましたが、今は寝泊りだけで2軒しかないのです。
 谷崎さんが勝山に来られたときの姿は、ボロボロの汚い着物だった。それに、沢山の原稿の入った「こおり」を大八車に積んできて近所の旅館の土蔵を借りて荷物を入れたとのこと。また、谷崎さんは金が入ったら大盤振る舞いをしていたそうで、普段は午前中執筆、午後は奥さんと川沿いを散策していたそうです。
 エピソード:小学校の教師になるために勉強していた野崎ますこさんは書が上手だったそうで、谷崎さんの書生を務めることになり、テストを受けたのですが、そのテストがユニークだったそうです。なんでも、奥さんとて書斎には上げないのですが、野崎さんを先に上らせ下からみて、足袋の白さ(足が綺麗かどうか)を見ていたそうです。勿論、野崎さんは無事合格して書生をつとめたそうです。(2012.5.10取材)


ono_san.jpgono_misemae.jpg
▲ご主人                          ▲旦酒店
谷崎さんは、熱海から京都、岡山、津山と戦火を逃れ勝山へ来たが、実はここは開店休業状態の旅館(若者が戦争に行って居ないため)だったけど、引き受けたそうです。
「昨年のひな祭りの時に、岡山から山本さんと言われる男の方が尋ねて来られまして、たぶん昭和15年8月13日~14日に勝山に肉を運んだ方でしょうが、住所などをお聞きするのを忘れてしまって残念です。」とおっしゃっておられました。


akaiwa3.jpgakaiwa2.jpg
元赤岩旅館
akaiwa1.jpgakaiwa4.jpg
▲元赤岩旅館真正面と路地
8月13日永井荷風が来て赤岩旅館に泊まった。そして14日の夜に谷崎は地元で牛肉一貫(200円)入手。その上、津山の知人から一貫以上の牛肉が届けられた。その時ここのおばあさんがお酒(二升)をふるまったそうです。また、その時、残った牛肉をお弁当にして、谷崎婦人から永井荷風に渡したのだそうです。


nami2.jpgnami.jpg
元、下町の醤油業河本邸
kawagishi1.jpgkawagishi2.jpg
谷崎さんはよくこの辺りを散歩されていたのでしょうね。
nami1.jpggozensyu.jpg
                               ここの醤油屋さんは、今はやってない。



ono_saketane.jpg
ono_sake.jpg
似顔絵の入った面白いお酒がありました。



sokai_ni.jpg
miyakowasure_ni.jpg
7月7日、晴
午後4時44分発にて本日は予と家人とエミ子の三人のみ移轉す。(中略)勝山小野方に至ればすでに昨夕の荷物到着せり(中略)女將の話に両三日前創元社の小林茂氏来訪し、いまだ津山にいる由を聞き離れ座敷を見せて頂度とてすっかり検分しこれなら安心ですと云ひて辭去せし由面會せざりしは残念なり。夕飯は女將の好意にて白米を炊いてくれ胡瓜に金山寺味噌及び味噌汁(ジャガ芋、茄子、玉葱、落し玉子1個づゝ入り)を供さる。津山より遥かに上等なり。エミ子には勝山の町大いに気に入りたるやうなり。河原に小屋掛け芝居あるらしく太鼓の音きこゆ。三人にて街を散歩し河原を歩みて河鹿の音をき々帰宅就寝。女將の話に母家の二階にも大阪の戦災者疎開せりと云ふ
8月14日、晴
朝荷風氏と街を散歩す。氏は出来得れば勝山へ移りたき様子なり。但し岡山は三日に一度ぐらいは食料の配給ありとの事にてその點勝山は条件甚だ悪し。予は率直に、部屋と燃料とは確かにお引受けすべけれども食料の點責任を負ひ難き旨を答ふ。結局食料買入れの道を開きたる上にて荷風氏を招く事にきめる。本日此の土地にて牛肉一貫(200圓)入手したるところへ又津山の山本氏より一貫以上届く。今日は盆にて強飯をたき豆腐の吸物にて荷風氏も招く。夜酒二升入手す。依って夜も荷風氏を招きスキ焼を供す。又吉井勇氏に寄せ書のハガキを送る。本日大阪尼崎方面空襲にて新型爆弾を使ひたりとの風説あり。今夜も9時半頃迄二階にて荷風先生と語る。(疎開日記より)