ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

苫田ダムと苫田鞍部ダム

damu13.jpg

2016618日に鏡野方面に行き苫田ダムを含む周辺をドライブしてきました。苫田ダムは、洪水調節、流水機能維持、かんがい用水、上水道用水、工業用水、発電を行うための多目的ダムです。(長さ225m、高さ74m)苫田ダム管理所ではダム展示室やダム内部の見学室に毎日自由に(8:3017:00)入る事ができます。普段は入れないダムの一番奥まで見る事が出来るツアーや見学会の申し込みも出来るそうです。また、苫田鞍部ダムもあることを知りました。

damu17.jpgokutsuko12.jpg

奥津湖は、苫田ダムの完成により誕生した壮大な湖で、 自然と調和した美しさは、訪れる人に安らぎと感動を与えてくれます。

okutsuko11.jpgdamu16.jpg

苫田ダム 苫田ダム下流

okutsuko1.jpgokutsuko6.jpg

苫田大橋は、左岸と右岸の連絡道にもなっています。

damu4.jpgdamu5.jpg

苫田鞍部ダム
 苫田ダムの東側上流約300mの地形は、馬の背のように低くなっていたため、ダムの満水時には水が溢れることになります。このため、馬の背(鞍部)に高さ25mのロックフィルダムを造って、水を貯めることにしました。

damu2.jpgdamu3.jpgdamu1.jpg 

苫田鞍部ダムの説明

damu11.jpgdamu12.jpg

 ロックフィルダムは、石や土を積み上げて造るため、水を通しやすくなります。このため、ダム中央部には「コア」と言って、細かい粒子の土を使用して遮水し、外側に行くほど粗めの土や石を使っています。
 苫田鞍部ダムは、遮水材としての「コア」が求めにくいことと、工事期間の短縮や経済性等から、コンクリートで湖側の表面を遮水するCFRD(コンクリート・フェイシング・ロックフィルダム)として、建設されました。

damu9.jpgdamu8.jpg

「表面遮水コンクリート」の施工状況
 コンクリートは、「スリップフォーム」(幅15m)と呼ばれる移動型枠を、スライドさせながら連続打設する方法で施行しました。 実際の施工で使用された機械を、対岸に展示しています。(文:案内板より)

damu6.jpgdamu7.jpg

苫田鞍部ダム

hasu.jpghasu2.jpg

近くの公園で咲いていたスイレンの花

tomatadamu.jpg

2016.11.12ライトアップ

苫田ダムでは
・展示室やダムの中も地下2階見学室までは、土日祝日を含む毎日830分から1700分まで自由に入っていただけます。
・団体であれば、見学会を申し込む事が出来、普段は入れないダム内の洪水用ゲートや一番底まで見る事が出来る事が出来ます。
 またそのツアーもございます。

〒708-0433 岡山県苫田郡鏡野町久田下原1592-4
国土交通省 中国地方整備局
苫田ダム管理所 tel
0868-52-2151