ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

津山・美作の国いにしえギャラリー by 江見写真館(第2回)

645衆楽園遠くに鶴山天守 昭和11年.jpg

衆楽園 遠くに津山城天守 昭和11年撮影
 1873年創業の江見写真館には三代目江見正(1890-1976)撮影の地域の歴史を記録するガラス乾板が多数保存されています。(写真、文:江見写真館提供)※写真は「津山瓦版」のみ使用可です。

衆楽園は、江戸時代初期に津山藩主・森家によって築造された回遊式の庭園です。元禄11年(1698)に松平家が藩主となって以後幕末までは、家臣や他藩・他家からの使者を謁見するための「御対面所」、または藩主の隠居所の庭園として使われ、明治3年(1870)に「衆楽園」として命名されました。  衆楽園は津山城の北側(津山市山北)に位置しており、庭園は南北に長い敷地で、大半を池が占めています。別邸跡の古い建物群は現存せず、それらを再現した建物(余芳閣・迎賓館・風月軒ほか)が建っています。(津山城より

310雪の大橋 大正末.jpg310津山駅ホーム 昭和12年.jpg

雪の大橋 大正末(インバネスで佇む人)     津山駅ホーム 昭和12年

310神伝流飛込み 昭和7年.jpg310元魚町天幕 中銀 昭和30年頃.jpg

神伝流飛込み 昭和7年(見事な飛び込み)   元魚町天幕 中銀 昭和30年頃(活気にあふれた商店街)
※写真5枚セットは、2017年8月中旬より、津山観光センター、和蘭堂にて販売されています。