ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

八幡神社(津山市新野山形字宮山)

八幡屋根.jpg

 天平十年(738)美作守大伴兄磨のとき、豊前国(大分県)字佐八幡宮の分霊を勧請し、上宮八幡宮と唱えたという。祭神は品陀和気命(応神天皇)・大雀命(仁徳天皇)・天御中主命の三神をまつり、相殿に足仲彦命(仲哀天皇)・息長帯比売命(神功皇后)をまつる。(美作神社資料)

 当社は、旧新野郷(新野山形・西上・西中・久本・工門・西下・堀坂・妙原)の一の宮で、新野郷一帯の大祭である「新野まつり」(岡山県重要無形民俗文化 財)の親神様といわれている。明治六年社号を八幡神社と改称し、大正二年には新野山形字若宮にあった若宮神社(祭神 大雀命)を合祀し、大正三年には、西 上字明見に鎮座する西上の産土神天津神社(祭神 天御中主命)を合祀した。毎年十一月三日に行われる新野まつりには、八幡神社から三体(八幡神社・若宮神 社・高良神社)、天津神社から一体の神輿が山形稲塚野に神幸する。
 寛文年中に津山森藩の二代藩主長継公から甲冑一領、緞子の幡十二旒、元禄年中には松平藩長矩公から剣一口等が寄進されている。(勝北町誌・歴史めぐり資料より抜粋) 2012.10.25取材

イノシシどびら.jpg八幡裏参道鳥居.jpg末社.jpg八幡裏参道1.jpg

イノシシの柵があります。これを抜けて入ります。(裏参道)

八幡鳥居.jpg表参道.jpg

表参道と鳥居

八幡拝殿2.jpg回廊1.jpg

拝殿と回廊

歌舞伎殿.jpg八幡拝殿.jpg

歌舞伎殿と拝殿

八幡本殿1.jpg八幡本殿.jpg

立派な本殿

八幡拝殿内.jpg奉納絵.jpg

拝殿の中と奉納絵馬

彫り物1.jpg彫り物.jpg八幡彫り物.jpg

本殿の飾

わに口.jpg回廊裏.jpgモミジ1.jpg名木モミジ.jpg

鰐口
 本社の拝殿の正面に懸けられ、参拝者が布で編んだ綱を動かして、打ち鳴らし礼拝する。この鰐口の径38㎝、表面の中央上部に、上宮八幡宮、右に新野山方村、左に宝永元(1704)甲申九月日、津山吹屋与三衛門作の銘がある。中央部の隆起には、蓮華文を鋳出している。
旧勝北町教育委員会指定文化財(案内板より)

モミジ.jpg八幡もみじ.jpg

東美作路名木百選
山形八幡神社のモミジ(カエデ科) 樹齢150年 樹高15M 目通り周囲1.7M  勝央地方振興局  平成12年3月吉日 (案内板より)

嘉永灯籠.jpg仁徳天皇ゆかり.jpg倉.jpg八幡灯籠0.jpg

境内

末社5.jpg末社4.jpg

末社神

八幡看板.jpg末社2.jpg末社3.jpg

郷土記念物 山形八幡の森
1.位置 勝田郡勝北町新野山形宮山
2.指定年月日 昭和62年(1987年)3月31日
3.特徴 山形仙のふもと、海抜355mのこの場所に新野郷の総鎮守である八幡神社があります。天平10年(738年)豊前の国(大分県)宇佐八幡宮の分霊を勧請し、上宮八幡宮と唱えたといわれています。祭神は、応神天皇・仁徳天皇・天御中主命の三神がまつられています。明治6年社号を八幡神社と改称しました。毎年11月3日に行われる新野まつりは、作州最大の秋祭りで地域の人々に親しまれています。
 社叢は、モミを優占する密林で、ヒノキ、スギ、アカマツ、アベマキ、サクラ、モミジなどの高木層につづいて、ウラジロガシ、シラカシの亜高木層、さらにその下にヤブツバキ、ヒサカキ、アオキ、ヤブニッケイの低木層、ヤブコウジ、ヤブラン、ヤマホトトギス、ミヤウズラ、ツルリンドウ、センボンヤリ、チコユリなどの草木があり、勝北町の天然記念物に指定されており、神聖な気配を漂わせています。
4.行為の制限 現状を変更し、又は、その保存に影響を及ぼす行為をしようとするときは、あらかじめ届出が必要です。(案内板より)

末社横3.jpg末社横.jpg末社横2.jpg末社横1.jpg

本殿横にある末社神