坪井の愛宕様(坪井下)

5-30愛宕3.jpg

 坪井宿跡は、過去に2度の大火を経験したことが知られている。
このうち明治14年の大火は、4月25日に出火し、坪井東町で36世帯80余棟が消失したとの記録がある。また、明治40年3月12日にも同様の火災があったことが伝えられている。
 さて、ここにある小祠は通称「下あたご様」と呼ばれている。町の西端には他に一か所同様の祠があり、こちらの通称は「上あたご様」と呼ばれている。
 この二つの祠には祇園社・愛宕社が祀られている。祇園社は京都八坂神社の午頭(ごず)信仰に始まるもので、疫病や作物の病害虫を除き、愛宕社は同じく京都西北に鎮座する愛宕神社の信仰に端を発し、火災や病気除けの神様として現在でも広く信仰されている。
 坪井の「あたご様」は、上記の大火ののち現在の場所に建てられ、現在でも地域住民によって大切に護られている。祠からは、無病息災を願い、かつ祈った当時の人々の思いが伝わるかのようである。(案内板より)

5-30愛宕5.jpg5-30愛宕4.jpg

坪井の「あたご様」(2019年5月30日撮影)(前回2010年の取材様子)

5-30愛宕2.jpg5-30愛宕7.jpg

坪井宿へと続く道

5-30愛宕8.jpg5-30愛宕6.jpg

坪井の「下あたご様」

2019-7-27kamiatago3.jpg2019-7-27kamiatago2.jpg7-27kamiatago1.jpg

坪井の「上あたご様」