ただいま6月22日に発生したサーバ障害の影響で一部コンテンツを正常に閲覧できなくなっています。皆様にご迷惑をお掛けして誠に申し訳ございません。

本谷の虎斑竹(トラフダケ)自生地(国指定天然記念物)

torafudake14.jpg

 トラフダケは、ヤシャダケ(夜叉竹)の桿に黒褐色のカビが楕円形(虎斑状)の斑紋を表したもので、久米町(久米南方中)の他に県内では真庭郡および苫田郡内に自生地が確認されている。
 虎斑竹の名の所以である。虎斑状の模様を表すカビは名称を虎斑菌(学名キートスファリア)といい、このカビが竹に寄生することより斑紋を生じる。そして、菌糸が茎の中まではびこるため、皮を磨けば磨くほど美しい模様がはっきりと表れ、装飾品として古来より珍重された。
 また、ヤシャダケはこの地方で通称ダイミョウチク(大名竹)といっているナリヒラダケ(業平竹)に酷似した竹である。
 本町の指定地は面積約1アールを有し、竹菌共にますます繁殖している。学術的な価値も高く、昭和51年6月国指定天然記念物となった。 久米町教育委員会 (文:現地看板より)(2016年8月13日撮影)

torafudake23.jpgtorafudake20.jpg

凸凹道を冷汗かきながらトラフダケ自生地。案内人がいなかったら引き返そうかという道でした。

torafudake3.jpgtorafudake19.jpg

石碑とご案内くださった山本さんです。子どもの頃よく遊びに来ていたそうです。

torafudake4.jpgtorafudake7.jpg

本谷のトラフダケ

torafudake6.jpgtorafudake18.jpg

本谷のトラフダケ

torafudake9.jpgtorafudake13.jpg

本谷のトラフダケ

torafudake21.jpgtorafudake8.jpg

本谷のトラフダケ